有限会社ジーマックス

商品開発

新しい技術や新しい商品の力だけに頼らず、これまで培ってきた企業の評価・認識に注目し、

変化する時代のニーズや悩みに合わせたブランド価値の再設計・最適化を図ります。

システム各社との強いパートナーシップのもと事業活動における取り組みを推進し、

生産の効率化、徹底した消費者志向、市場への迅速な対応、顧客サービス強化、

厳格な品質管理など、会社全体の最適化を図り、企業のさらなる成長を目指し協働しています。

 

 

クリエイティブコンサル

■ブランディングとCIの策定

   アイデンティティ調査・分析

   企業理念や会社ヒストリー、社長ストーリーなどのヒアリングを行い、強みと特徴、会社のコンセプションなどを行います。

   クリエイティブワークを行い、社内外に一目で分かる様なコーポレートアイデンティティを浸透させ、ブランドの構築を行います。

 

■クリエイティブワークの主な内容

   クリエイティブコンセプトの策定、ビジュアルアイデンティティの策定

   主な制作物:ロゴ / HP / 名刺 / 会社概要 / パンフレット / 提案書テンプレート / キャッチコピー / コンセプトワーク / PV

 

 

マーケティングリサーチ

新規事業設立、事業進出する上で、とても重要な要素となり、これを怠ることで事業の撤退や失敗に終わることも少なくありません。

また先入観を排除し、柔軟な考え方で望むことも必要です。

 

 

人材育成・営業組織強化事業

成長する企業の特性として、人材育成や営業組織がしっかりしていることが挙げられます。

実際に、売上を作っていくのは社員ですから、その人材を育てることはとても重要な事となります。

 

 

ECサイト管理運営

グループやパートナー各社との連携により、ECビジネスの「戦略」から「運用」まで幅広いソリューションをワンストップでご提供致します。

 

 

海外事業

各国、その土地毎に、文化・宗教・風習・環境が違い、その土地に合わせたビジネスを行う必要が有ります。

その文化の壁により認識の相違や大きな溝を生むことにもなりかねず、ビジネスを円滑に勧めていく上で最も重要な部分となります。

 

 

アメリカでのビジネス展開、税務サポート

アメリカでビジネスを行う上では、連邦法と州法の2種類があることをご存知でしょうか?

ある事象において連邦法が適応されるのか、州法が優先されるのかなど、各州毎に様々です。

また、どこの州でビジネスを始めることが、そのビジネスにとって有利であるかも考えなければなりません。

アメリカでの起業にあたり、現地の会計士、税理士がサポートいたします。

アメリカでは、ビジネスの税金報告はもちろん、企業で働く個人であっても、各自が税金の報告を連邦政府と州政府へしなくてはなりません。

不慣れなアメリカでの税金報告の業務を、ビジネスと個人の両方をサポートいたします。