カリフォルニアでの起業

  アメリカ・カリフォルニア州は気候もよく、市場も大変大きいため多くの日本人に好まれており、
  いつかロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴなどの大きな町でビジネスをスタートしたいと考えている日本人は大変多いです。
  小澤会計事務所では、カリフォルニア州でビジネスチャンスを掴んでいただけるよう、アメリカでの起業のお手伝いをさせて頂きます。


1.会社設立の費用

料金:$850

サービスに含まれるもの。

  ■会社登録名の調査および会社名の取り置き料
  ■会社設立申請書類作成
  ■役員登録書類作成
  ■コーポレートキット(株式、定款、会社印をセットにしたもの)
  ■カリフォルニア会社設立申請料
  ■連邦税務申告番号の取得


2.会社設立の流れ

ステップ1、会社形態の決定

ご自身のビジネスの内容を十分考慮して、会社形態を決定します。
例:コーポレーション(CまたはSコーポレーション)、パートナーシップ、LLC、個人事業主


ステップ2、会社名の決定

会社名を決めます。
決めた会社名が既に登録されているかを調査します。
一般的な名前だと使われている可能性が高いので、3〜4種類ほど考えておいてください。
使用可能な場合は、会社設立申請書類提出まで60日間、社名を確保することができます。


ステップ3、会社設立申請書類(Article of Corporation、会社定款)の提出

会社名が決定した後、会社設立申請書類を作成し、カリフォルニアのSecretary of Stateに提出します。


ステップ4、取締役会を開く

取締役会を開催し、取締役及び会社役員の選任、株式発行の承認、会社規則(by-laws)の採択、銀行口座の決定、その他の事項の決定を行います。
実際には会を開かずに書面決議でも可能です。


ステップ5、政務申告番号の取得

IRSに申請して、連邦税務申告番号(Federal Tax Identification Number)を取得します。
銀行口座の開設、政府関係の申請、登録に必要な番号になり、各法人に割り当てられます。


ステップ6、株式発行

株式を発行します。
会社印と会社様式をセットにした、コーポレートキットをお渡しします。

一連の作業は、会社申請書類を提出後、2週間程度で完了します。
お急ぎの場合は2日で完了する「スピード申請」もご利用いただけます。


3.レジストレーション

ビジネスオーナーが起業のために必要な主なレジストレーションを紹介します。

1.Fictitious Business Name (屋号) の登録

個人事業主が自身の名前を使いビジネスを行う場合、コーポレーション、LLCで上記ステップ1で登録した会社名でビジネスを行う場合はこの登録は必要ありません。


2.ビジネスライセンスの登録

市やカウンティーにビジネスタックスを払うためビジネスライセンスの登録を行います。
職種により異なりますのが主なビジネスで、グロスインカムの1%を年に一度払います。


3.セラーズパーミット、その他パーミットの取得

物を売るビジネスオーナーはセラーズパーミットを取得します。
職種毎に求められるパーミットを取得します。

  例)
  Health Department:飲食業、ランドリー
  Police Department:露天商、タクシー、マッサージパーラー
  Public Works Department:アパート、ホテル