■プエルトイグアス

プエルトイグアス

ブエノスで日本のお正月を満喫後、
次行く場所は三大瀑布の一つ「イグアスの滝」
パラグアイ「シウダー・デル・エステ」

ブエノスアイレス・バスターミナルを14:30に出発
バス代:$765(7,700円)
所要時間:15〜18時間の長旅

この国はバス会社が100社以上あって、
行く場所、料金、出発時間、食事の有無などなど
自分の好きな条件で選ぶことができる。

この時は知らなかったがバスにもグレードがあり、
1stクラスが「cama」
2ndクラスが「semi cama」
で、もちろん値段も違う。

行きのバスは「Singar社」のsemicamaバス
(知らずにsemicamaを選んでいた)、
値段はお正月明けということもあり高かった。

アフリカにいたせいか、バスが豪華すぎてビックリ!!
飛行機の機内食ほどじゃないが夕食、朝食がでた。

もっとショボくてもいいから安くしてほしいな。




滝の拠点となる町「プエルトイグアス」に10時到着。

昨日から天気が悪く大雨、
そのためか到着時間も遅れ、20時間もかかった。

まず、ホテル「ホテルイグアスフォールズ」にチェックイン。

ホテル代:一泊ドミトリーで$100(1,000円)
※ユース会員だと$90



チェックイン後、すぐイグアスの滝へ!!

イグアスの滝へはリオパラグアイ社が定期便を出していて
バスターミナルから15分おきに出ている。



バス代:往復$70(700円)
所要時間:1時間程で到着
入場料:$170(1,700円)
と、意外に安い。

このイグアスの滝はブラジル側とアルゼンチン側があり
メインビューポイントは
アルゼンチン側にある「悪魔ののどぶえ」
になる。

ブラジル側に行った人は「両方良かった」と言っていた。

※但し、ブラジルは基本、ビザがないと入国出来ないので
今回は断念・・・

(ちなみに日帰りならビザなしでも行けるみたいなのだが、
このへんがグレーゾーンみたいで基本はダメらしい)

入口から「悪魔ののどぶえ」までは無料の小さな電車に乗り
二駅目(終点)で降りて、そこから橋をわたった先にある。




ナイヤガラやヴィクトリアの滝と違って、
大分奥の方に「悪魔ののどぶえ」がある。

今日は雨が降っていて降水量が多く感じられて迫力があったが
その代償として虹が見れなかったのと水が濁っていた。




上から滝を見た後、
今度は滝の下側に降りていき、
ボートで滝に突っ込むアトラクションを体験。

費用:$180(1,800円)

滝の真下まで行くので迫力がある。

カッパなど無意味なので、ずぶ濡れ覚悟で行くこと。

イグアスの滝は水着で行くことをオススメします。






ここには、悪魔ののどぶえ以外にも大小様々な滝があり
公園自体はすごく広い。

歩いているだけでも相当面白い!



ただ不満があるとすれば
食事や飲み物が異常に高く、
500mlの水が$25(250円)もした、
ありえん。

イグアスの滝を4時間ほど周り、ホテルへ帰りました。

アルゼンチン側だけなら朝に着いて観光して、
その日のうちにパスに乗ってブエノスアイレスに帰る弾丸も可能。

ここからパラグアイの「シウダー・デル・エステ」という
電気機器が沢山売っている国境の町に行くことができる。

翌日そこによってから
ブエノスアイレスに帰ります。