fsssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

■ウシュアイア1

世界最南端の町ウシュアイアへ

プンタアレーナスでたくさんのペンギンを見た後、
次行く町はウシュアイア。

ウシュアイアはアルゼンチン領なので、
チリから再度アルゼンチンに入国します。

アルゼンチンからいろんな国に出たり入ったりしてるので
パスポートはアルゼンチンのスタンプだらけになってしまった。
(パタゴニア方面に陸路で旅行する旅人は皆こうなるらしい。)

このウシュアイアへ行く目的は
「せっかくここまで来たんだから最南端の町へ」
って 理由もあるが、実は南極へ行く為に行きます。

南極に行く気はなかったのだが
行った人の話を聞いているうちに行きたくなってしまった。



ウシュアイアへはバスで向かいます。
プンタ・アレーナス8:30発、バス代$30,000(5,500円)。

一緒にいたノゾミさんは
ブエノスアイレスに飛ぶと言うことなので
ここでお別れしました。

バスは海沿いを走り3時間たった頃海をわたる為、
乗客はバスから降りてフェリーへ、バスもその後乗ってくる。



フェリー乗り場。

バスから降りて歩いて船に乗る。

イルカが泳いでいるのを見ながら40分ほどで対岸に到着。

再度バスに乗って出発。

イミグレには15:00に到着。
チリ出国のスタンプをもらい再度バスへ。


入国スタンプをもらうと思っていたが、
バスが出発してから10分たってもなかなか止まらず
イミグレにつかなかった。

「もしや同じ建物内で入国スタンプをもらうのか?、スタンプもらいわすれ?」
と色々考えてしまった。

結果はイミグレまでがただ遠かっただけ でした。

1人だとヒジョーに心細くなるのは今でも変わらないな〜。



この後は何事もなくウシュアイアに20:00到着。

日が落ちないのは相変わらずだけど、
流石最南端の町なだけあって明るいけど寒い。

ジャンバーないともうキツイ。

今日泊まる宿は「イルダオバちゃんの家」。
名無しの宿です。

アフリカ縦断したメンバーから教えてもらった宿。

場所は「Gobernador Deloqui通り」
「Gral Roca通り」が重なる交差点。




イルダオバちゃんは日本語も英語もしゃべれないけど
「ねこちゃん」とだけは言える。




この時は宿泊客は俺しかいなかった。
貸切です。

ウシュアイアには上野山荘という日本人宿があって
日本人はだいたいここに泊まるんだが、
町から5キロ以上離れているのと、
翌日南極ツアーを探す為に町に繰り出すので
町の中にあるこの宿で2泊した。

1泊ドミトリーで$130(1,300円)、
Wi-Fi朝食付き。

上野山荘に行っても良かったが
他のホテルはどんなもんか見たかったのもあり、
この宿に泊まってみた。

今日は順調に移動できた。

翌日、南極行きツアーを探します。



ウシュアイアで南極ツアー探し

ウシュアイアで南極ツアー探しへ。

ツアー会社は何十社もあるわけではないので
そんなに大変ではなさそう。

南極ツアーは10日間のものから
長い物で30日間ぐらいのツアーもある。

自分は10日間ツアーのラストミニッツを探す。

ラストミニッツとは簡単に言うと格安バーゲンセールのこと。

ツアー会社も馬鹿ではない、
乗せないよりは安売りしてでも人を詰め込んだほうが儲かるので
こういう売り方をしている。

なので、ツアー会社に行って空きがあっても
翌日には完売になっているケースもある。

その為、ラストミニッツで南極ツアーへ行く場合には
お金だけでなく即決する勢いも必要。

ただ、難しいのが15日先のツアーも
ラストミニッツとして売り出されていたのを見つけた。

つまり、すべてのラストミニッツが直前に売り出されるという訳ではなさそう。
なので、待てば新たなツアーがラストミニッツとして売り出される可能性もある。
難しいところだ。

ただ、難しいけどやはり勢いだと思う。

悩む必要なし。

その時見つけたツアーが妥当だと自分で判断したら即決すべきと思う。

以上が南極ツアー探しの概要でした。



実際に探し回った内容はこんな感じです。

最初に行った代理店は「Freestyle」。

プンタアレーナスの同じホテルに泊まってた人が
南極ツアー会社のオーナーさんだったので名刺をもらっておいた。

11日間のツアー で2月3日出発のラストミニッツがあった。

価格は5,600US$(56万円)。

あれ?高い?

過去に行った人のブログ見たら
4,000ドルぐらいだったので4000ドルぐらいと思っていたんだが...。

10分ほど内容聞いた後、他のツアー会社にも行ってみる。

次に行ったのはFreestyleと道を挟んだ反対側にある
「ウシュアイアツーリズム」へ。



「ウシュアイアツーリズム」

ラストミニッツ3,900ドル!っていう張り紙がある。

ここで紹介されたのは2月5日発の11日ツアーで5,250ドル。

こんなもんなのか?と思いつつ、
もう2社(Rumbo Surともう一社)当たってみるが
6,000ドル〜7,500ドルぐらいだった。

もう1日考える時間があるか確認するため
ウシュアイアツーリズムに再度行く。

しかし空きが残り1枠だから、
その時空いているかどうかは分からないと言われてしまった。
(即決すべしと自分に言い聞かせてはいたが・・・
やはりヒジョーに悩む)

そしてふと窓の方を見てみると
「ラストミニッツ3,900ドル」と案内がされた紙が貼ってあった。

聞いてみたら12日先の2月17日出発分で
諸経費色々含め4,500ドル。

1分ほど悩んだ!

悩んだけど12日もウシュアイアで待つ気もないので、
5日出発の5,250ドルのツアーを申し込みました。

カードの限度額が50万円なので2枚のクレジットカードで支払う。

ちなみに金額の詳細は
ツアー代が5,250ドルで、210ドルがクレジットカードで支払う4%の手数料、
トータル5,460ドルなり。
(しっかし210ドルの手数料って…デカイなぁ)

無事引き落としも出来たということで
5日後に南極へ出発が確定した。



ツアー手配も終わったので
「上野山荘」に移ってウシュアイア観光です。