■サルタ

ボリビアに向けて南米北上

11日間の南極ツアーを終え
ウシュアイアから飛行機でブエノスアイレスへ戻りました。

3日程ブエノスアイレスで休息した後、
次に向かうはアルゼンチン北部にある「サルタ」。

1ヶ月半かけて南米を南下しましたが、
今度はどんどん北上していきます。

バスで22時間かけて移動します。
15:00 ブエノスアイレス発

13:00 サルタ着

バス代$688(6,900円)。



アルゼンチン北部にはウマワカ渓谷という自然の見所があり、
サルタとさらに北にあるフフイがその観光の拠点となる。

サルタに着いたらホステルワールドで予約した宿
「 La Covacha Hostel 」

1泊ドミトリー$40(400円)
Wi-Fi、キッチンあり
※ホテルはJuramento通りの109にあるんだが
看板が一切無いので住所控えておかなかったら分からなかった。


チェックインしてすぐに、
「カファジャテ渓谷」>のツアー

日帰りツアーで$230(2,300円)。

友達がいる場合はレンタカーで行くのがベストなんだが
今は一人なのでツアーで行く。

あともう一つの見所は
「雲の上列車」といって鉱山がある所まで列車で行く観光がある。

ただ列車のチケットを買おうとしたら
シーズンオフらしく、列車は運休していて
残念ながら乗ることはできなかった。

一応ツアー会社でもバスでその町まで行くツアーがあったが
列車じゃないのであまり興味が沸かずやめました。

ツアーの手配も終ったので街観光へ!!

このサルタ、
意外と綺麗な町並みで歩いてるだけで楽しい。

危ない感じもなく
夜遅くまでいられ、
今日は暑かったので
アイスを食べながら半日ブラブラして遊んでました。





翌日 カファジャテ渓谷へ。

朝7:30ホテルピックアップ、
ミニバスに乗り込み出発。

ツアーメンバーは12人ぐらい、
そのうち日本人は僕含めて3人。

ガイドはスペイン語と英語を交互に話す。

カファジャテはサルタから200q南にある町で、
その近くにある渓谷が観光スポットになっている。

ツアーはまず渓谷に行き、
その後カファジャテで昼食食べて
最後にワイナリーによってサルタに帰る。

まず、最初によったのが
このツアーで最大の見所である
「悪魔ののどぼとけ」というところ。

イグアスの滝では「悪魔のノドブエ」ってのがあり
アルゼンチンはこういう名称を付けるのが好きらしい。

この「悪魔ののどぼとけ」の中に入って行くと
ポッカリと大きな空間がある。

高さは50mはあるだろうか、
かなり見上げないと空が見えない。

ここでは原住民のインディヘナが笛で現地の音楽を演奏していた。
なかなかのパフォーマンスだったのでチップをあげました。





悪魔ののどぼとけの後は
ビューポイントを三ヶ所程見てまわる。

渓谷に行くまでの途中の風景がまた絶景で
こんな所があるのかと驚かされた。





昼過ぎにカファジャテの町に到着。

レストランで昼食をとる。

昼代は別なので食べなくてもいいのだが
一緒に行動しているメンバーが皆食べるので同席。



昼ごはん食べた後は町を1時間ほど観光しワイナリーへ。

このカファジャテもワインの産地らしい。

ワイナリーではワインをテイスティング。

甘口が好きな自分には、
ここのワインはすこし辛口でキツかった。




ワイナリー観光後はサルタへ帰りました。




2日間のサルタ観光を終えて、
サルタから100q北にある
「フフイ」へ向かいます。