■ビジャソン

ボリビア入国

ウマワカの次に向かうは「ボリビア・ウユニ」

今日にはアルゼンチンの国境を超えてボリビアに入国。



アルゼンチンからボリビアへの国境へ向かう途中




ボリビア国境に入った所

12月25日にアルゼンチンに入ってから1ヶ月半、
やっとアルゼンチン終了です。

アルゼンチンからウユニへの
ダイレクトバスは無いので
徒歩で国境超えて
ボリビア側の国境の町
ビジャソンで新たにバスを探す。


ウマワカを7:30出発、
アルゼンチン側国境の町「ラ・キアカ」に10:15到着。


ラ・キアカのバスターミナル

この国境は大変混むと聞いていて
通過するのに2時間かかるのだが、
自分が着いた11時頃は人があまりおらず、
並ぶことなく15分で通過出来ました。

この後に会った人は
早朝通過した時はやはり1時間ほどかかったとのこと。

これでやっとボリビア入国です。

入国してすぐに両替屋へ。

1US$=6.8ボリ。
意外にも国際レート(6.9ボリ)と変わらなかったので
ここで100$交換した。



ボリビアの町「ビジャソン」

交換後はバスターミナルへ。




ビジャソンのバスターミナル

バスターミナルに着いたらビックリ!

ここでカラファテ、パイネ、ウシュアイアと
三度遭遇したジュンさんと鉢合わせした。

ウシュアイアの後、
お互い北上していたのは知っていたが
まさかここで会うとは。
お互いびっくり。

ちなみに、
なぜ今までこれだけ遭遇しているのに
一緒に行動しなかったかというと
ジュンさんはチャリダーで
自転車で世界一周している。

ウシュアイアがゴールで
旅自体は終了し、
今は「リマ」までバスで向かっている最中でした。

ジュンさんもウユニに行くのでバスを探していたらしい。

ウユニまで一緒に行く事になりました。

ただ、ウユニ行きのバスは
朝8:30発と16:00発の1日2本のみと意外と少ない。

せっかく朝早くウマワカに出てきたのに誤算でした。

ウユニまでは約8時間から9時間かかるので
16時発だと深夜着になる。

どんな場所でも深夜着は避けたかったので、
悩んだ結果、ビジャソンで1泊して
翌日8:30発を選びました。



バスチケット買った後は宿探しへ。

バスターミナル近くに宿が3件あり、
3件とも同値だったので、
そのうちの一つ「ビジャソンホステル」にした。

1泊ツインで1人25B(400円)
Wi-Fi
キッチンなし

午後まるまる時間あるので
町をブラブラしてみることに。

このビジャソンという町、
アルゼンチン側のラ・キアカと違い、
すごく賑わっている。

今まで通った国境の町で1番にぎやかかも。

そして、どこか東南アジアの懐かしい空気を感じる。

アルゼンチンに比べたら貧しい感じはあるが
危険な匂いはしない。

というか、僕ら外人(しかもアジア人)なのに、僕らに対して全く無関心、
ちらりとも見ない。

外人さんには慣れっこなのだろうか。
ちょっと拍子抜けしました。

町には縦横1kmにわたって商店が並び
日用品やら工具やら、多くの雑貨が並んでいて
何でも手に入る感じ。

そんな露店をブラブラして
昼ご飯、夕ご飯を食べて
翌日朝の出発に備えました。




ビジャソンの露店の様子

〈メモ〉
ウユニに行く場合はビジャソンに朝着が正解。

朝に到着すれば、そのまますぐにバス乗り継いでウユニに行ける。


ちなみにビジャソンから頻発してるのはポトシ行き。

ポトシへの道はしっかりしてるようで
現地人の人はウユニよりポトシに行くっぽい。

ウユニはあくまで観光地で、
それ以外は何も無く、山道を通るので主要道路ではなかったのかも。
なので便数も少ない。

ただし、バスから見る景色は圧巻だった。

ビジャソンからラパスまで走っている鉄道は
今回は乗ってないので情報はありません。



翌朝バスターミナルへ向かうと
またビックリ。

今度はブエノスアイレスの宿で会ったショウさんと会う。

ショウさんはブエノスアイレスの後
イグアス経由でサルタに入り
サルタから一気にここまで来たとの事。

バスがすぐに出ちゃうことを教えてあげて
一緒に行く事に。

それにしても
アフリカのエジプトから今日までの間、
一人で移動するより誰かしらと行動することの方が圧倒的に多い。

自分の事ながら凄いなと思う。

3人で一緒にウユニに向かいます。