■ソフィア

ブルガリア首都ソフィアとリラ修道院へ

ギリシャ・テッサロニキからブルガリア首都ソフィアへ。

ソフィアは他国への交通の要所で、
この町からベオグラード(セルビア)、
イスタンブール(トルコ)、
ブカレスト(ルーマニア)など
各都市と結ばれている非常に便利な都市。

1日目はソフィアを観光し、
2日目はソフィアからバスで
世界遺産「リラ修道院」へ行った。


ソフィアの町の第一印象は凄くきれいな街だなと思った。

ゴミが凄く少ない。

そして一番うれしいのが物価が安い事。



カジノがすごく多いなと感じた。

ただマカオと違い
小規模のカジノが沢山ある感じ。



写真の建物は「アレクサンダル・ネフスキー寺院」

ブルガリア最大の寺院。

金色のドームが1つあり、
他に11のドームからなる。

中は写真撮影禁止だったが、
非常に豪華でビックリ。



ブルガリアの「最高裁判所」

門の前に2頭のライオン像いる。

偉そうな裁判所だ。



奥のでかい建物は社会主義時代の建物「旧共産党本部」






ソフィアの交通機関は
「地下鉄」、「バス」、
「トラム(路面電車)」、
「トローリバス」と沢山ある。

トラム・トローリバスは
邪魔な感じはせず、街に溶け込んでる。



ホテルに戻る前にスーパーでヨーグルトを買う。

さすが本場なだけあって
沢山の種類のヨーグルトが売ってた。

味は「明治ブルガリアヨーグルト」と同じ味、
美味い!

1個約0.9Lv(60円)。



1日目ソフィア散歩終わり、
翌日、世界遺産「リラ修道院」へ。


リラ修道院行きのバス乗り場
「アフトガーラ オフチャクペル駅前」まで
5番トラムに乗って行く。

ホテル前の駅から8駅目、20分ほど。

運賃は一律で1Lv(66円)。



駅降りてすぐの 「アフトガーラ オフチャクペル」から
リラ修道院行きのバスが出ている。

10:20発の1本のみ、11Lv(700円)。
これ逃すとリラへは行けない。

チケットはバス運転手から購入する。

リラ村経由してリラ修道院に13:30に到着。
帰りは15:00発の1本のみなので1時間半の滞在。


修道院目の前にバスが止まり、修道院入口は目の前。

入るとさっそくお目見え「聖母誕生教会」

白と黒のシマシマが印象的で教会なのに
すごくハデハデ。

おもちゃのようでかわいい。



聖母誕生教会は
4階建ての外陣に囲まれた敷地内の中心に建っている。




教会を囲っている外陣は昔僧侶が泊まっていた場所。

現在は観光客用の宿にもなっている。
(いくらで泊まれるんだろう)



教会横の塔は「フレリョの塔」

修道院は1833年に大火事で全焼したが
この塔だけ免れ、現在も当時のまま残っている。

その大事な塔の1階は土産屋になっとった。



教会の白黒縞模様のアーチをくぐると、
壁と天井いっぱいにフレスコ画(宗教画)が。

これ非常に珍しい。

今まで見てきた他の教会のフレスコ画は
全て室内のみだったが
この修道院は外壁にも描かれている。



大天使ミカエルの絵。

非常に鮮やかなフレスコ画。

こんなのが壁一面に描かれている。



漫画のようなコマ割りのフレスコ画。

悪魔と神様がなんかやってるね。



実はよく見ると
結構えげつないフレスコ画があったりもする。

この画はなんだろう、
僧が悪魔に取りつかれてる。



僧侶がたくさんいる。

多重残像拳?

フレスコ画を鑑賞した後、教会内へ。

ただ室内は写真撮影禁止だったので写真はありません。

教会内はまた豪華で、
正面の壁一面は金箔が施されていた。



教会見学した後、
15:00まで1時間ほどあったので
昼食を食べに裏門を出る。

裏側はレストランや軽食が食べられる。



「リラ」というレストランで
ブルガリア料理を食べた。

ブルガリア料理よくわからなかったので
店員のおすすめ料理を頼む。

写真は前菜の「ショブスカサラダ」。

トマトときゅうりに
ヤギから取った白いチーズがのったサラダ、
4.5Lv(300円)。



リラで取れる「焼きマス」

10Lv(670円)。

サラダもマスもうまかった。



リラ修道院の見学も終わり
15:00のバスに乗ってソフィアへ帰還。

帰りのバスも1本のみ。

凄い人の数で満席どころか
バスに乗れるかどうか心配だった。

席に座れず、リラ村までの30分間立ってました。



最後、宿泊場所について。

泊まったところは「Hostel Mostel」
1泊ドミトリー10€、
朝食・夕食(パスタ・ビール)付、
コーヒーも飲み放題。

このホテル凄いです、
予約サイト「Hostel World」から
賞を受賞するほど評価の高いホテル。

リラ修道院のツアーも行っており
1人20€(2,600円)で行ける。




綺麗なレセプション&ロビー。

部屋・トイレもきれいで
WiFiも爆速、ホテルスタッフも親切で
とてもバックパッカー用のホテルとは思えない。

難点を上げるとすれば・・・



無いな、完璧すぎる。



サマーシーズン中のせいか、
1か月使って
ヨーロッパ各地を旅行している学生さんが多い。

ブルガリア観光はこれで終了



もう1日ソフィアの街をブラブラしてから
次の町「ベオグラード(セルビア)」へ向かいます。



ブルガリア滞在期間 8月13日〜17日(5日間)
費用
(1€=130円、1Lv=66円)
37€(4,800円)+105Lv(6,900円)=11,700円。
その他・感想 ※105Lvのうちベオグラード行きの電車代が53Lv。