■プンタ・アレーナス

ペンギン多し、プンタ・アレーナス

パイネ国立公園でのトレッキング後に向ったのは
プンタ・アレーナス。

この町には飛行場があり、
ここからプエルト・ナタレスへ行く人もいる。

なので、プエルト・ナタレスとプンタ・アレーナス間はバスが頻発している。

プンタ・アレーナスに行く目的は
アルゼンチン最南端の町「ウシュアイア」に行く途中にある町で、
当初はただの通過点だったが、
一緒にいるヒロミさんからプンタアレーナス近くの島に
15万羽位、ペンギンがいるという情報をもらったので
行ってみることにした。



タカさんとヒロミさんとはブエノスアイレスに帰るので
プエルト・ナタレスでお別れしました。

ノゾミさんはプンタ・アレーナスにペンギン見に行くというので
一緒に行きました。

午前中にATMでチリペソを下ろし、
両替屋でアルゼンチンペソに両替。

両替屋のレートは55ペルペソに対して1アルペソ。

この時の国際レート(2013年12月)は
70ペルペソ=1アルペソなので
アルゼンチンのATMでアルペソ下ろすより全然得。

なので、ここでアルゼンチンに滞在する分を両替した。



プエルト・ナタレスを12:30出発し、
プンタ・アレーナスに15:30到着。

泊まる予定の「ダビの家」へ行くも満室とのことで
もう一つの候補にしてた 「Hostel Fitz roy」へ。

1泊ドミトリーで$10,000(1,800円)、
Wi-Fiあり朝食付き。

キッチンもあってキレイな宿。




自分の家を改造したようなホステル。

趣味でやってるんだろうか。

チェックインしたら、次はペンギンツアーの手配へ。

宿のオーナーにツアー会社を教えてもらい行ってみる。

ツアー会社で内容を聞くと、
ペンギンでもキングペンギンが見れるツアーと
15万羽のマゼランペンギンが見れるツアーがそれぞれあった。

キングペンギンがみたいと思ったのだが
このツアーはキングペンギン以外に
田舎町を回るのがオプションが組まれていて
費用も高かったことから、
マゼランペンギンがいる
「 Isla Magdalena(マグダレナ島)ツアー」の方にした。

ツアー代$28,000(5,100円)。

ツアーの手配も終わったので
今日はこの後スーパーに行って、
夕飯の食料調達と、
明後日行くウシュアイア行きのバスチケットの予約して終了。

そういえば、アルゼンチンに入国してから
ほとんど外食をしていない。

ホテルにキッチンが付いているのと
スーパーで肉が安く手に入るからかもしれない。

あと、
ノゾミさんからカラファテで
カルボナーラの作り方を教えてもらい、
ここ、プンタ・アレーナスでは
ハンバーグの作り方を教わりました。

旅に出てから、だいぶ作れる料理も増えてきたな。

次の町ウシュアイアで実践してみたいと思います。



翌日、ペンギン島マグダレナ島へ。

7:30に港集合とのことで
前日に港までのタクシーを宿のオーナーに手配してもらった。

ホテルを7:00に出発。



フェリー乗り場。

市内からここまでタクシー代$3,600(650円)。



8:00出発。

約2時間で島に着く。



10:00到着。

ここで1時間滞在する。

遠くからでも沢山のペンギンがもう見える。



自由に歩けるわけではないのだが
ペンギンが海に行くのに通り道を横切るので
間近でペンギンを見ることができる。


12万羽か15万羽かは分からんが
とにかくメチャクチャペンギンがいる。





こんなに近くで写真が取れました。

手を出したら子供ペンギンに突っつかれてしまった。




ベストシーズンで繁殖期。

毛が生え変わる前の子供ペンギンをたくさん見ることができた。



11:00にフェリーは出向し、港に13:00に到着。

たった一時間だが楽しかった。

港に到着したら、
乗り合いタクシーの客引きが沢山待ち構えていて
市内まで簡単に帰れた。

1人$2,000(300円)、
スーパーによってから宿へ。

遅い昼ご飯を食べた後、時間あったので町をブラブラする。



ただ、何もない町だったので
1時間ほどで宿にもどってしまった。




翌日は再度アルゼンチンに入り
世界最南端の町ウシュアイアへ向かいます。



チリ滞在期間 2014年1月24日〜28日(4日間)
費用($1=0.19円) $14,100(26,300円)
その他・感想 アルゼンチンに比べて食べ物の値段が急に上がったのでびっくり。