桂林1

南寧から北に200キロにある「桂林」へ。


桂林は中国に入るまで知らなかった場所
(中国は無知なんです)。

当初は南寧から「広州」に行く予定だったが、
ノービザで15日間滞在できるので日程的に余裕があり、
他の都市も行ってみようと思い
ガイドブックとニラメッコしてたら
桂林が目に留まった。



朝の「南寧駅」

8時15分発。
乗るまでに2度の荷物検査と3度の切符確認。

どんなけ厳重なんだ・・?



座席シートは「硬座」なだけあって
とても固く2時間も座ってられないぐらいキツイ。


向かい合う形で4人が座る。



横の中国人が少し日本語が話せるようで
中国について色々教えてもらいました。

中国人は自分が一人旅しているのにビックリしたのと、
日本に行ったことがないので日本に憧れがあるようで逆に色々聞かれた。

中国で人気なのがアニメ。
特に「名探偵コナン」が人気だと。
あと、漫画よりもアニメを見る傾向があるそうです。

またお菓子やサンドイッチなどいろいろ貰いました。



理由聞いたら、

「一人で旅してるのが可愛そうだから」

だそうです...(゜o゜)



中国国民すべてかは分からないけど、
彼らに一人旅が理解できないようです。



電車は「桂林駅」に14時に到着。

まず重いバックパックが邪魔なので先にホテルにチェックイン。

ホテルは駅から北に30分ほど。



泊まったホテルは「Backstreet Hostel(桂林后街国際青年会館)」
1泊ドミトリー45元(675円)。
Wi-Fiあり、
キッチンなし、
セキュリティーボックスあり、
バー併設。


ここはユースホステル。
ユースはそれぞれ個性があって楽しい。
また英語が通じるので助かります。



今回の旅でユースホステルを使う機会が以外と多い、
日本を出る前に個人のブログなどでユースについて調べると、
「2000円も払って会員になっても元取れない」といった、
マイナスの情報が多く、今回会員登録をしなかったのだが、
使う機会は多いので、登録する価値はあったと思う。

このホテルも会員だと35元で泊まれました。



話はそれたけど、ホテルに荷物を置き市内を観光へ。

桂林市内には「両江四湖」という4つの湖があり、
馬鹿でかい面積を誇る。





写真は「杉湖」にある「日月塔」





船で回るツアーもあるが時間に余裕があるので、
約4キロほどを歩いて回りました。




「榕湖」、「桂湖」と回って最後は上の写真の「木龍湖」へ。

桂林は少しベトナムのハロン湾の面影を感じる。



1時間ほど歩いた後の帰り道に食堂街を発見。




好物の「刀削麺」を食べました。
値段は10元(150円)。


日本食べたことのある刀削麺はでは甘辛かったけど、
こちらはひたすら辛い・・けど美味い。



今日はこれで桂林市内観光で終了。

翌日は「漓江下り」をしに行きます。