■香港

香港 中国ビザ申請と100万ドルの夜景

3月25日に日本を出てから
ちょうど2か月が経過。



旅にも少し慣れてきたけど
新しい国や地域に入った時の不安と緊張感は
相変わらず慣れない。
(この緊張感が楽しいのではありますが・・)

それとは別で
たまに旅行が疲れて(飽きて)
観光せずにホテルに引きこもって
テレビゲームをしたり映画を見たい時もある。



毎日ひたすら観光するのは辛い
ということが分かった、



・・と思っていると
今度はホテルにずっといると鬱になってくる



・・・わがままな体です。



さて、
香港ですが目的は3つあって、

1つ目が中国ビザを取ること、
ノービザだと15日間しかいられないので
ここで30日ビザを取る。

2つ目が昔勤めていた会社のオフィスが
香港と上海にあり先輩方に会いに行くこと。

そして3つ目が
日本からの郵送物をゲットすること。


@中国ビザについて

「中国外交部駐香港特派員公署」で中国ビザが取れる。

最初は「香港入境事務所」で取るものだとばかり思い、
そこに行ったら

ここでは取れないと言われた。



後で気が付いたが
それもそのはず、
入境事務所ってその国のビザの延長をするところで
香港は別の国だから
ここでは中国のビザを扱っているわけじゃない。



場所どこか聞いたら小さな地図くれた、
どうやら間違える人が多いらしく
地図用意してあるようだ。



200メートル離れたところにあったのだが
これがまたわかりずらい、
50階建てぐらいの大きなホテルの7階にあるのだが
上階に行くエレベーターでは行けず、
別の入り口にあるエレベーターで7階まで行く。

この入口見つけるのに苦労した。



入口で荷物検査を受け7階へ。

30日のLビザで200HKD(2,600円)、
今回は特急で申請したので
プラス200HKD、合計400HKD。

因みに通常は月曜申請で木曜日できあがり、
特急にするとこれが水曜日、
超特急にすると翌日に発行される。

香港物価高いので
特急にしてでも早く香港を脱出したほうが賢明と今回判断した。

※ビザオフィスの住所
7th Floor、Lower Block、 ChinaResourcesBuilding(華潤大廈)、
No.26、 Harbor Road。



A香港オフィス訪問

タイにいる時に
会社の先輩にメールでコンタクトを取ったら
時間作ってくれたので会いに行った。

火鍋をごちそうしてもらう。

会社辞める時に電話で挨拶もできなかったので
今回会えてよかった。



B日本からの郵送物

マレーシアで国際キャッシュカードを紛失し
クレジットカード1枚でやりくりするも
限界があったので
カード再発行し日本から送ってもらった。

今年4月の日本の法改正で
無給料の人はキャッシングができなくなったようで
この数日お金を引きをとせない状況が続き非常に苦しかった
(今はカード会社に連絡して数日前から使えるようにはなった)。



おかげでマカオでギャンブルができなかった。

やっと心配事なく旅行が続けられる。



「駐香港中華人民共和国外交部ビザオフィス」

華潤大廈というビルにあるのだが
ビルの端っこに入口がある。



わかりずらい。


写真はビザオフィスのフロア内。

申請書の記入欄が3枚にもわたり
書くのに1時間ほどかかった。

記入後整理券をもらい順番待ち、
提出するまで30分ほどかかる。

オフィスにはスピード写真の機械もあり
顔写真持ってなくても問題ないです。

中国ビザは問題なく水曜日にゲットした。



辞めた会社の先輩にごちそうになった火鍋。

中国でやっと人間が食べる食べ物にありつけました。



感謝です。



ビザがもらえるまで町を観光してた。

写真は「アベニュー・オブ・スターズ」

ブルース・リーすごい人気。

あと俳優や映画監督のネームプレートと
手形が道に埋め込まれていた。



僕と同じく世界を回っているアヒル。

人が多く、近くに行って写真撮るまで大変だった。



すごい人気だ。


香港最終日に100万ドルの夜景を見に
「ビクトリア・ピーク」へ。

香港島側に山がありケーブルカーで山頂まで登る。

料金は75HKD(1,000円)、
内訳はケーブルカー往復と頂上にある
スカイテラス入場料。

ケーブル往復のみは40HKD。



ビクトリアピークでの撮影場所、無料。

スカイテラスに行かない人は
ここが撮影スポット。
(ほとんどの人はスカイテラスに行く。)


函館の夜景とはまた違ってきれい。

ここ数日間天気が悪かったが
最終日天気が改善に向かい見ることができました。

ただまだ少し曇っていたのが残念。



あとコンデジの限界でしょうか、
写真の風景が生で見るのと少し違う。



一眼レフがほしい。



以上、中国ビザも入手したので
再度中国に入国します。

次の都市は上海。



香港から上海まで電車が直通で出ているので
これに乗っていきます。




香港滞在期間 5月25日〜5月31日(6日間)
費用(1HKD≒13円) 3,570HKD(46,400円
その他感想 安宿の「重慶大厦」のカオスっぷりは
すごかった。