■西安

外人多し 西安

洛陽から西安へ。

洛陽東バスターミナルから
朝9時出発し陝西省西安バスターミナルに14時着。

バス代90元(1,400円)。



西安といえば
「秦始皇帝兵馬俑」が超有名ですね。

そして昔は長安と呼ばれていて
中国の歴代王朝の都でもあったので
その博物館が沢山ある。
(博物館は興味ないからスルー)



西安は城壁に囲まれており、
写真は城壁から撮影した西安駅前のロータリー。

右側にバスターミナルがある。

裏には西安駅があり
そこから各観光地へ行くバスが
15分おきぐらいに出ており非常に便利、
西安は完璧観光で成り立ってる町ですね。



「七賢国際青年旅舎」

1泊50元。

寺院を改修?
して作ったのかホテルとは思えない。

西安駅から徒歩10分なので便利。



市街のど真ん中にある「鐘楼」

入場料一般35元、
学生17元。

東西南北の大通りが交わる場所。



「秦始皇帝兵馬俑」

入場料一般130元、
学生75元(1,200円)。

西安駅前から専用バスがでている、
駅から1時間で8元。

兵馬俑は中国語で「バンミンヨウ」って発音します。


始皇帝のお墓を守るための兵隊さんやお馬さんが沢山おります。

井戸を掘っていた農民が偶然見つけたとか。



「大慈園寺、大雁塔」

入場料一般60元学生30元、
大雁塔に上るには別途一般30元、
学生15元がかかる。

学生カード使えてるんですが
チケット売り場とは別で
入場時にも学生カード再チェックされるので
非常に緊張する、
係員顔しかめてるし。

ここは三蔵法師がインドから持ち帰った
仏像やら経典やらが保管されている場所。



「明代城壁」

入場料一般40元、
学生20元。

西安市を囲っている城壁をグルッと歩くことができる。

南門から登り北門まで約5キロを歩く。

気温も30℃ほどで日影がなく非常にきつかった。



各門に展示物が色々展示してある。

これは投石機ですね。



最後に食事について

こちらは牛肉のトマトソースあえ?



・・かな。13元(180円)。

中国はいろんな面があり
食事がたのしい。

スパゲティーに似てた。



「ジャージャー麺」、16元(260円)

兵馬俑を一緒に観光した中国人と一緒に食事した。

めっちゃうまかった。

やっぱ知っている人と食事すると外れがない。


ホテル近くの露店で食べた刀削麺、7元

衛生面に問題あるが露店は安い。



最後にユニクロでズボンを買う、150元(2,300円)。

チェックアウトの身支度をしていたら
ズボンが消えていた。

同室だった中国人が
間違えて持っていってしまった模様、
似たようなズボンが置いてあった。

もう少し荷物の管理をしっかりせねば。

ベルトも雑貨屋で29元で買った。



くそ〜。



ニセ学生証ですが、
提示して今の所10戦8勝ぐらい。入念にチェックしないので、大学時代の古い学生証でも通用するような気がする。タイで200B(600円)で作ったがもう元取りました。 さて、いろいろありますが次の町、成都へ向かいます。