■プラハ2

プラハ観光


朝ゆっくり起きて11:00頃出発。

写真左が「火薬塔」
右が「市民会館」

市民会館は「プラハの春音楽祭」が開かれる会場だそうです。


旧市民広場の北西側にある
「聖ミクラーシュ教会」と馬車。




プラハ城へ行くには
ヴルタヴァ川を渡らなければならない。

写真はカレル橋手前の門。



「カレル橋」

プラハ最古の橋。

橋の両端には約30体の偉人の銅像が建てられてる。

車両通行止めになっていて
土産屋や演奏している人なども見かける。



プラハの顔「プラハ城」

丘の上に立っており
プラハの川沿いからならどこからでも見ることができる。



橋を渡りプラハ城へ向かう途中に
観光用のクラシックカー発見。

プラハの古い町並みに凄くあってる。



プラハ城に13時丁度に着いたら
門の前で兵隊さんが行進していた。




プラハ城の中にある「聖ヴィート大聖堂」

カレル橋から見えるのがこの大聖堂。



中には入れるが
お祈りする場所まで行く場合は
別途入場料が必要。

ここからでも十分と思い
奥まで行かず終了。



遅い昼ご飯。

ホットドック、50CZK(250円)。

あ〜ビールが飲みたい。

美術館とか博物館などが沢山あるが、
最近、特に興味なく、
そして、そういった所の観光自体が面倒くさく感じてきたので、
なんて言えばいいのか・・・

もうガイドブックに出ているような所に行くのではなく
フラフラ街を歩いて興味のあった風景や写真を撮るようになってきた。

なので、ここからはあまり旅行の参考にならないかもしれない。



プラハ城からカレル橋へ戻る途中にある公園。

マップには特に名前記載なかった。

そこに何故か大型の鳥が沢山・・・



これなんて鳥だったか・・・忘れた。

何だっけ?

10羽ぐらい放し飼いされてる。
人に慣れているのか1mぐらい近づいても逃げない。



カレル橋の下には錠前が沢山。




カレル橋を渡らず横切り、
南へ向かうと公園があり、
そこに何やら怪しげな物体発見、
赤ちゃんがいる!



でかいな。

近づいても小さくはならなかった。
(ジョジョネタすみません)



「マラーストラナ」という丘があり、登ってみた。

その途中で見かけたオブジェ。

なんだこれ?

バイオハザード?
丘は登ってみたが塔があるだけ。

塔からは街を一望できるが
105CKZ(525円)もするのでスルーした。



丘を降りカレル橋に戻る途中に見つけた車。

レンタカーのようですね。
かっちょいい。

このプラハ、色々な乗り物が走り、
そしてレンタルされてる。



カレル橋に立つ「ネボムツキー像」

手を触れると幸運になるそうです。

皆触るので、触った所が金色になってる。



カレル橋を渡った後の右手に
「マリオネットの土産屋」があるのでのぞいてみた。




ピノキオやマイケルジャクソンにモーツァルトなど
沢山の人形がいる。




何故かバルサのマリオネットが店のセンターに配置されてる。




この店だけじゃなく、
色々な土産屋でマリオネットが売っている。

プラハのマリオネット劇は有名だそうです。



マリオネットと同じくらいよく見かけるのが
「マトリョーシカ」

なぜロシアのお土産物がプラハに沢山売っているのかは不明。


16:00ちょうどに時計台の仕掛け人形を見た後、
広場で休憩。

写真の乗り物はなんでしょうか。

7人乗りの自転車?
こちらも観光用の乗り物だが、
後ろ向きで座る人は怖いな。


ちょっと早めの夕飯。

「チキン・トマト・玉ねぎの串刺し」、
100CZK(500円)。

2日目の観光もこれで終了。
ホテルへ戻る。



夕食があれだけじゃ腹減るだろうなと思い
夜食を買っておいた。

エースコックのカップヌードル、
35CZK(175円)。

ビールより高い。

食べて思ったのが、即席麺って美味いと思う。



それと勿論ビールも買った。

「Kozel beer」 、29CZK(145円)。

ライトな感じのチェコビール。

後で調べたんだが
缶に記載されている11°の意味は
バリング度を表す数値で
12°以上だと麦芽100%、
すなわちビール、
なのでこちらは厳密には発泡酒になる。

数値が高くなるとアルコール度数も上がる。

この数値がメニューに記載されていたレストランもあった、
ちょっとした小ネタです。



2日目はこれで終了。



翌日、次行く街
「ポーランド・クラクフ」への列車は22:29発なので、
11:00チェックアウト後、ホテルに荷物預けて街をぶらつく。



お昼ご飯は、ホテル近くのピザ屋へ。

ホテルスタッフから
ホテルの名刺を持っていくと
10%割引になると言われたので行った。

写真のこれピザです、139CZK(700円)。

パンの中にチーズ・マッシュルーム・ブロッコリーなどが入ってる。

パン生地がまたうまかった。
ビールはピルスナービールで29CZK(125円)。


「Mucha Museum」へ行ってみた。

一般180CZK(900円)、学生120CZK。


写真はミシャ博物館のチケット。

中は写真撮影禁止。

チケットの絵がミシャの作品。

見た感想は、日本人に受け入れられやすい絵だなと思った。

日本のテレビゲームのイラストとかに使われそうな絵だ。



博物館の後、旧市街広場の北側を歩いてみたら
「フランツ・カフカ」と書かれた銅像があった。

何でしょうこれは?



そして、旧市街広場の南側を歩いていたら
今度は人がぶら下がっている銅像が。

ブラブラしていると色々見つかるものだ。



15:00にホテルに戻り
電車の時間までロビーで次の街の情報や
今後の旅程について情報収集した。

プラハは今まで回ったヨーロッパの中でも
居心地のいい街だなと思った。



プラハを後にし次はポーランド・クラクフへ向かいます。



チェコ滞在期間 9月4日〜6日(3日間)
費用(1CZK=5.1) 2616CZK(13,300円)
その他・感想 クラクフ行きの電車代1,090CZK(5,500円)もしたぁ〜高い。