■メンフィス

エジプト・ピラミッドめぐり。

ひとまずビザなどの手続きは終了したので
翌日は「メンフィス」、「ダフシュール」、「サッカーラ」観光へ。

3か所へは同じホテルの女の子と2人で一緒に行ってきた。

場所はギザのピラミッドから南へ車で1時間ぐらいの場所、
しかしガイドブックなどで行き方を調べてみるが、
タクシーをチャーターして行くところのようで
自力で行くのが少々面倒だった。

ホテルの人に聞いてもカイロからはバスは無いとのこと。

カイロからタクシー乗って行くよりも
一旦ギザまで行ってからタクシーを捕まえることにした。

しかし、 ギザでタクシー運転手に値段聞いてみたら、
片道150EGP(2,000円)だと・・・。

50EGPぐらいと思っていたからやめました。

去り際に75EGPとか言い出したけど
無視してバスを探して行くことに。

ギザ・ピラミッドにあるバス乗り場の人に
ダフシュール方面の行き方を教えてもらう。

聞くと「ギザ広場」のバス乗り場から行けるらしい。

一旦ギザ広場まで行き、ダフシュール方面へ向かう。



因みに乗るバスがこんなの・・・。

ドアの無い車もあった。
アンビリーバブルです。



ギザからダフシュールまでの直通は無く、
途中の町までしか行かない。

何度も乗り継いで向かう。

バス代は0.5EGP〜1.5EGP、
向かう先の距離で値段が変わるようだ。

それにしても乗合マイクロバスは安い。



まず向かったのは「メンフィス博物館」

一般40EGP(600円)、学生20EGP。

外にちっちゃいスフィンクスがいる。

右は土産物屋だが、
御覧の通り観光客がいないので閉まっている。



写真は博物館の建物の中。

ラメセス2世の巨像が保存されている。

観光客は自分たちだけだった。

博物館出る前に、トイレ行ったら
従業員のおっちゃんが
「トイレは有料」 と言い出して手を出してくるが
「No」と言ってみたら手を振って行けの合図、
もともと無料のようでした。

ほんとエジプト人は面倒くさい。



次に向かったのは
「赤のピラミッド」「屈折ピラミッド」のある「ダフシュール」

メンフィスから3回ほど乗り換えて到着。

ただ、バス乗り場からピラミッドの入り口までは2キロほどの距離。
現地人にピラミッドの場所聞き、歩いて向かうことに。



ピラミッド入口到着。

左が警察の検問所で、
ここを通過して右側のチケットオフィスでお金を払う。

一般40EGP(600円)、学生20EGP。

一緒に観光している女の子は学生カード持っていないが、
学生価格にしてくれないかとダメ元で頼んでみたら
25EGPでいいよとのこと。

5EGPはワイロみたいなものか・・・
ただ、15EGP得しました。

入口からピラミッドまでがまた遠い・・・
2キロほどの距離はあったかな。

通りすがりのトゥクトゥクに乗ってピラミッドまで向かった。



これが「赤のピラミッド」

赤っぽい土が使われているからそう呼ばれているそうです。

因みにこの写真。
僕がいます。

どこでしょうかぁ〜。



そして、こちらが「屈折ピラミッド」

建設途中で傾斜がきつすぎて石の重量に耐えきれなくなることが分かり
途中傾斜を緩やかにしたそうです。

ダフシュールから次に向かったのは
今日最後の観光場所サッカーラの「階段ピラミッド」。

「階段ピラミッド」もサッカーラのバス乗り場から遠かった。

運転手が乗せて行ってやると言うので
そのままバスに乗って乗せてもらったが
5EGP取られてしまった。

運転手の仲間が3人でもめると
ちょっとヤバい雰囲気になりそうだったので
合計5EGPを払い降りる、
気分的にはちょっと悔しい気持ち。

※因みにバス乗り場からピラミッドまでは
トゥクトゥク使わないといけない距離(4キロぐらいかな)で
3〜4EGPぐらいはかかると思う。


「階段ピラミッド」
入場料一般80EGP(1,200円)、学生40EGP。

着いたのが15:30、16:00で終了とのこと。

急ぎ足で行くことに。

因みにここでも女の子が
「時間も少ないので学生価格で入らせてほしい」
と言ったらOKだった、
何でも頼み込んでみるものだ。



階段ピラミッドをバックに写真撮影。

修復工事中してたのがチョット残念。

そして観光客が自分ら合わせて2組しかいない。
デモの影響は深刻です。



ここ滅茶苦茶広く、そして砂漠なので歩くのが大変。

急ぎ足で観光を終え、
来た道を通りカイロへ戻りました。

サッカーラからギザまで3回ほどバス乗換。

帰りも帰るのが大変、
自分が運転手ともめている最中に
横にいた女の子がスリにあってしまう。
バックが開いてました。

運よく財布は別の所に入れてたので被害なし。
ホント油断できん。



今日の感想としては、
「ピラミッド」よりも「目的地まで行く過程」が「観光」
といった気分です。

それだけ大変だった。

往復のトータルのバス・トゥクトゥク代は
1人16EGPでした(頑張りました)。


最後にカイロでの旅情報。

このあと南下していくので
薬局行ってマラリア予防の薬を購入。

「Doxymycin(ドキシサイクリン)」
1箱10錠入り4EGP(60円)。

1日2錠飲まなければならないので1箱で5日分。
4箱購入。



ベニス細川家ホテルのロビー。

下の階のホテル「スルタン」から移ってきた日本人によると
こちらの方が断然綺麗とのこと。

細川家の上の階に「サファリ」というホテルもあるが
こちらは水道代滞納したらしく休業中(笑)。



ホテル近くの路地のカフェで一服。

タバコは吸わないが水タバコに挑戦してみた。

「アップル」とか「ピーチ」など何種類かあるらしい。

1時間ほど吸い続けられるので時間つぶしになる。
料金は4〜5EGP。



カイロでの観光はこれで終了。

カイロを離れ
次は「ルクソール」へ向かいます。