■バハルダール

ナイルの源流があるバハルダールへ

ゴンダールからバハルダールへ。

ホテルのエチオピア人と交渉して、ハイエースで向かう。
1人90BIR(450円)



8:00ホテル前出発、
バハルダールバスターミナルに10:00到着した。

バハルダールには大きな湖とナイル川の源流があり、
この2つを観光。

ホテルにチェックインし食事した後、
船でタナ湖をクルージング。



船代は交渉して
計:900BIR(4,500円)、1人:90BIR

湖には島がいくつかあり
そこにそれぞれ教会があるのだが
入場料が各教会で発生するので
一番遠い半島「ウラ・キダネ・マハレット」の教会と
カバが見れるスポットにしぼって観光した。

ウラキダネ半島までボードで1時間半ほどで到着、
船着場から教会まで歩いて1時間ほど、
道中土産屋が建ち並んでいて
子供たちからの物売りを避けつつ教会へ向かう。

教会の入場料は100BIR(500円)。
建物はヨーロッパで見るような教会ではなく
手作りの大きな1軒屋といった感じの作り。

教会の中は壁一面がフレスコ画で覆われていた、
フレスコ画の感じはブルガリアのリラ修道院とすごく似てる。

キリスト正教会は皆こんな感じなのだろうか。




半島から戻る途中、
カバのいるスポットへ行ってもらったが、
あいにくカバは見つからなかった、残念・・・

翌日はバハルダールのハイライトスポットx
「Blue NileFalls」へ。

Blue NileFalls がある「ティシサット村」まで3kmあるので
ローカルバスで向かう。

ホテルを6:30出発。

バスはバスターミナルから1時間に1本の割合(らしい)で
満員になったら出発。

運良く乗り込んだらすぐに出発した。
1時間半で村に到着。



ティシサット村の子供達

村から滝まではボード(20BIR)で行けるが、
ポルト橋経由で歩いても行ける。




ボードは15分、徒歩は約1時間。

歩きだと途中、山からの眺めが綺麗なのと
現地の人達の生活が見れるので
行きは歩き、帰りはボードで帰るのがお勧め。



翌日はバハルダールからラリベラへ向かいます。