■ハンブルグ

ドイツ入国
ベルリントランジットしてハンブルクへ

ワルシャワを後にし、次の国ドイツへ。
19か国目となる。

次に向かったのはドイツ第2の都市ハンブルク。

ワルシャワからハンブルクへは直通列車が無いので
一旦ベルリンまで行き、
ベルリンで列車を乗り換えハンブルクへ向かった。

ベルリンはというと
2年前に行ったので今回はキャンセルした。



写真はベルリン中央駅。

ワルシャワ中央駅9:55発、
ベルリン中央駅15:20着。

電車代222PLN(6,660円)。

2年ぶりのベルリン駅。懐かしい!



ベルリン駅到着しすぐハンブルク行きのチケット購入へ。

17:25発のローカル線で行くことに。

17:24発のハンブルク行きの特急があったが
70€(9,300円)ぐらいしたのでやめた。



ハンブルク行きチケット。
49.3€(6,500円)。

直通ではなく、「シュヴェーリン駅」までまず行き、
「シュヴェーリン」から「ハンブルク行き」の列車に乗り変えて行く。

所要4時間、特急だと直通なので2時間で到着。
※ローカル線でも時間帯によっては直通があるのかもしれない。

乗車時間まで1時間ほどあったので
ベルリン駅をブラブラする。



ベルリン名物のクマの置物。

このクマは街の至る所で見ることができる。

このクマも2年半前と同じところに立っていた。
同じ絵柄。



駅の裏側に立つロボット。

これは今回初めて見た。

ブラブラしていたらトイレに行きたくなったので
駅の有料トイレに行ったら1回1€もした。

さすがにありえないと思ったので
始発で止まっている列車のトイレを使わせてもらった。

ベルリンに入りすべての物価が跳ね上がってる、
ビックマックセット800円もする。



最初座ったシート。

なんか綺麗で人少ないな〜と思ったら指定席だった。

乗務員に促され自由席へ行ったら
座れないほどの人の数。

各駅停車なので3駅ほど過ぎたら人も減り
座れるようになった。



乗り換えも問題なし、
電車内に次止まる駅と到着時間が液晶で表示されるので
乗り過ごすことはなかった。

無事ハンブルク駅到着。

ホテルは予約していなかったので探す。
ハンブルク駅目の前のホテルへ向かうも
今日は土曜日なので満室とのこと。

安宿は他にないか聞いたら
教えてくれたのでそこへ向かう。



駅から10分ほど南にある「Ao Hotel」

1泊ドミトリー25€(3,300円)。



朝に撮影したホテルの写真。

ここはツアー旅行客やバックパッカーなど
色々な旅行者を受け入れているマンモスホテル。

なのでロビーには人が入り乱れている。

また朝食は食べられる。
しかし6€するのでやめた。

ドイツ物価たか。


朝9:30にチェックアウトし、バックを預けて市内観光へ。

観光する前にハンブルク駅で
次に行くブレーメン行きのチケットを購入。



朝食。

チーズとネギがサンドされたパン、
これで1.5€(200円)。



「アルスター湖」、
「ハンブルクミュージアム」、
「レーパーバーン」
などを回り、
南の運河の方へ。

写真の右に見えるのが倉庫街の表側。



運河とレンガ建築が美しい世界最大の「倉庫街」

街の観光名所の一つ。
今も現役。



このでかい建物は「市庁舎」

ネオ・ルネサンス様式の建物。

中に入れるが、さらに奥の部屋を見学する場合は有料。



市庁舎前のアルスター湖には白鳥がわんさか。




「聖ヤコビ教会」、似たような協会がもう一つ隣にある。




昼ご飯。

ドイツと言ったらビールとソーセージ。

ポテトにマヨネーズが乗っている。
これで7€(910円)。

高いけどソーセージは最高にうまい。



途中でみかけた看板。

ソニーの看板は 海外でも良く見かける。

ハンブルクはこれで観光終了。

街自体は凄く大きく、
見どころは沢山あったのだが
写真を間違えて削除してしまったので無し、
無念。



次の都市ブレーメンへ向かいます。