■ケルン

ケルンからリューデスハイムへ

ベルギー・ブリュッセルを後にし
再度ドイツへ。

もう何か国訪問したかよく分からない。

っていうか、
そういうの段々どうでもよくなってきた。

そしてヨーロッパもだんだん飽きてきてしまった。



またこの前服買うときに
カードで支払ったのだが
1€=136円で計算されていたので、
なぜ?と思ってたら、
今って1€=133円ぐらいなのね・・・

129円ぐらいで推移していると思ってた。

さて再度ドイツ入国の理由は
ミュンヘンで「オクトーバーフェスト」があるから。

それに合わせてゆっくりドイツを南下していきます。



ドイツはというと、まず「ケルン」へ。

ブリュッセル駅前9:00発、
ケルン駅前14:30着、22€(2,900円)。
特急列車だと40€ほどしたのでバスにした。

因みに特急列車だと2時間ほどで着く。

ブリュッセル発のバスはドイツのフランクフルトまで行くのだが、
自分はフランクフルト手前の
「リューデスハイム」による予定だったので
さらにその手前のケルンで1泊することにした。
(リューデスハイムで安宿がなかった。)



ケルン駅には14:00に着いた。

奥に見えるのが「ケルン大聖堂」、
ケルン駅の目の前にある。

2年ぶりのご対面。

大聖堂を横目にホテルを探す。



ホテル予約してなかったのでフラフラ宿さがし。

駅から5分ほどの「Station Hostel」にした。
1泊ドミトリーで17€(2,200円)。

宿は値段の割に綺麗だったが、
シャワーのお湯がなかなか出てこないのがマイナス点。

このホテル以外に
ハンブルクで泊まったAOホテルもある。



「ケルン大聖堂」へ行く。

ヨーロッパ最大の大聖堂、写真に納まりません。

他の観光客を見てると
皆しゃがんだり、カメラを斜めにしてみたりと
頑張って写真を撮ってる。



中も圧倒的なデカさ。

入場料は無料。

有料だが、塔にも上ることが出来る。
自分は2年前上ったので今回はスルー。



大聖堂内の両サイドに
何十枚ものステンドグラスがはめ込まれている。

これだけの数は他の教会には無かった。



ケルンの西側にはライン川が流れていて、
橋から大聖堂を撮影。




橋にはたくさんの錠前が。

すんごい数。



ケルンには他に博物館があるが前回行ったのでスルー。

ケルン観光はこれで終了。



最後にケルンのご当地ビール「ケルシュ」を飲む、
0.2mlで2€(260円)。

実はドイツで一番好きな地ビール。



翌日、リューデスハイムへ向かう。