■カステロリゾ島

青の洞窟「カステロリゾ島」

カシュからカステロリゾ島へ。

この島は昔トルコ領だったためか
トルコでは「Meis(メイス島)」という。

なので、

カシュでは「カステロリゾ島」とは一切記載なく、
すべて「メイス島」となっている

非常に紛らわしい。




カステロリゾ島へ行くには写真の「MEIS EXPRESS」が窓口。

ショップは港の前にありすぐ見つかる。
島まで50TL(2,500円)。

毎日出航しているが
10:00発の1本のみ、
当日でも問題なくチケット購入できる。

パスポートを預け船内に入る。
船内で出国スタンプが押される。
「片道」なのか「往復」なのかはこの時言っておく。

30分ほどでカステロリゾ島到着。



島に到着したら、
船員に再度「片道」だと伝えると、
船員が
「ギリシャの入国スタンプは「ポリスステーション」で押されるので
20分後にパスポートを取りに行きなさい」と言われる。


ほとんどの人は往復なので船員がやってくれる。

んで、写真が「ポリスステーション」、
港の中にある。

ここで警察官が一所懸命スタンプ押してた。



「青の洞窟」へ行くボートはすぐ見つかる。
10€(1,300円)。

注意点として
船長によっては青の洞窟で泳がせてもらえないようなので
事前に確認すること。

4人集まって出発だがすぐ集まる。



青の洞窟までボートで20分ほど。




見えました。あの小さな穴がそう。

丁度ボートが出てきている。



頭が岩に当たらぬようボートにうずくまる。

そして中へ。



めちゃくちゃ青い。

ちょっと写真がピンボケしているのが残念。

何でこんな時に・・・



中から穴のほうを見るとこんな感じ。

凄いね。



そして5分ほど泳がしてもらう。

自分がうまく制止できず写真ピンボケ。


泳ぎながら撮影。

自分のカメラ防水なので問題なし。



青の洞窟はイタリアの「カブリ島」が有名だが、
泳げるのはここだけ。

その価値は十分あった。

もし興味ある方、
写真では伝わりにくいので、
実際ここにきて体験してほしいです。



最後に宿情報。

午前中に青の洞窟行ったら
そのままフェリーに乗るつもりだったが、
「もう無いよ」と言われ
金曜日の8:00出発だったので泊まることにした。

実はここでトラップにハマッタ。

フェリーはあったのです。
今日(木曜)15:00発が。

「無いよ」と言われたのは
「飛行機」のことだった。

こんな小さな町に空港なんてないと思っていたので
疑いもしなかった。



カシュでフェリーや飛行機の手配を一手にするショップ。

看板みたら
確かに飛行機のマークがある・・・

この時気が付かなかった。



翌日8:00発の飛行機の手配してしまう
(この時自分はフェリーの手配をしているつもりでいる)。

「ロドス島」までのエアー代49€(6,400円)。

因みに飛行機のチケット手配していたのに気づいたのは
翌日の朝。
しょーがない。



泊まったホテル「アレキサンド・ペンション」

1泊30€(3,900円)。

WiFiは使えない。

航空券買ったショップの人に安宿を紹介してもらった。

オーナーの人に電話してもらい
ショップまで来てくれた。

場所は歩いて1分の所。
ホテルというよりも家を改造した感じ、
WiFiは使えないが
冷蔵庫とファンがあり
綺麗で意外と快適。



翌日次の町「ロドス島」へぶっ飛びます。