■ぺトラ2

「ぺトラ遺跡」へ。



ぺトラ遺跡は映画「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」のロケ地になった場所。

ペトラとはギリシャ語で「岩」という意味で、
砂岩を削って作られている。



ホテルの朝食の後、ぺトラ遺跡へ。

遺跡までホテルが無料送迎しており8:00にホテル出発。



8時15分には遺跡入口に到着。

入場料50JD(7,000円)!!




今まで観光した中でダントツの高さ。

数年前までは25JDぐらいだったとか。

写真は入口前のお土産屋さん。



ペトラ内の地図。めっちゃ広大。

ルートは下のメインゲートから「エル・ハズネ」を通り、
地図一番上の「エド・ディル」まで行く。

(エド・ディルまで普通にメインロードを通って行く予定だったけど・・
途中広大すぎて迷ってしまった)。



雲一つない天気、入口通った瞬間から絶景。

メインゲートを通るとすぐ馬が現れ、
乗らないかと勧誘してくる。

「エル・ハズネ」まで1キロ以上あるので活用する人多し。



1キロ歩いた後、
シーク(狭い岩の裂目)内へと進んでいく。

壁がすごく高い。



シークを30分ほど歩く。



すると



突然目の前に・・・








ドーン! 「エル・ハズネ」 登場。


ここが「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」のロケ地。

狭いシークから急に現れるのでビックリする。



観光客が意外と少ないと思った。

中国では写真撮るのも大変だったのに。



「エル・ハズネ」にはラクダがいる。

「エル・ハズネ」から「ペトラ博物館」までの
約1キロの間を往復してます。

エル・ハズネがいきなり登場したけど、
ぺトラ遺跡自体はまだ道半ば!

中へ入っていきます。



写真は「エル・ハズネ」を超えて
「ファサード通り」沿いで撮影。

メイン通りから横にそれて
「犠牲祭壇」に続く登りの道がある。



「上からいい写真が撮れるかな〜」
程度の気持ちで登ってみた。



気持ちが高ぶっていて、
どこまで登れば行き止まりなのか知りたく、
ズンズン上る。



因みに行き止まりは無い。

この道は「犠牲祭壇」「ライオンのモニュメント」
「ローマ兵の墓」「庭墓」「トリクリニウム」
へと続く道なのです。

この時はまだそのことを知らなかった。。。。



観光客が全くいない、2組見た程度。

時折道らしい道もなくなり道に迷う時がある。
ロバの糞が所々にあったのでそれを目印に進む。



少し上って振り返って所。

向こうへ続く道が本来進むべき道。
戻らずズンズン登っていく。



山頂上にある「犠牲祭壇」に到着。

下に見える道がメインロードで「宮殿の墓」あたり。
本来はあの道を通るはずだった。

頂上まで来たけど、この先に進めるのか
道がよく分からなかったので
休憩していた外国人にルートを聞いてそちらを行く。



結果論だが、こっちのルートでよかったと思う。
絶景で道も険しくすごく楽しい。




「ライオンのモニュメント」

10秒でスルー。



今度はどんどん下っていきます。

すごく怖い。崖から落ちたら即死。



「ローマ兵の墓」に到着

中に入れたけど、特に何もなかった。
ここまで降りてくるのが大変だった。



やっと「宮殿の墓」が見えてきた。

ここまで戻ってくるのに1時間半かかった。
「ローマ円形劇場」は手前にあったので帰り見ることに。


宮殿の墓に到着!

ここには人が沢山いる、なんかうれしい。



宮殿の墓を見た後はゴールの「エド・ディル」へ向かう。

まだまだ道半ば。


「柱廟通り」を通り




「凱旋門」を通り。




そして「エド・ディル」へ続く山道を登る。




「ペトラ博物館前」から「エド・ディル」までの
1.5キロの区間をロバが巡回していました。

暑さと急な傾斜なので利用しているツアー客多し。


エド・ディルまで1時間ぐらいはずっと上ったと思う。

この区間はロバ乗りたいと本気で思った。
帰りの途中60歳ぐらいの日本人観光客見かけたが死にそうな顔してた。



エド・ディルと〜ちゃ〜〜く。

ここで途中はぐれた日本人学生と再会。
写真では伝わりにくいがペトラはすごい所。
3か月観光した観光地の中でナンバーワン。



エド・ディルの先に山があり、そこが「ビューポイント」と
なっているので行ってみる。

写真はビューポイントへ行く途中で撮影したエドディル。



「ビューポイント」から撮ったエド・ディル。すごい絶景。

写真ではまだ人少ないですが、
降りた後あたりから大勢の客が現れる。

「ビューポイント」に着いたのが12時半頃、
入口からここまで4時間で来れた。



エド・ディルを背にし反対側を撮影。めっちゃ絶景。





山の頂上にヨルダン国旗が。

この後休憩しながら降りる。
降りる途中でロバに乗る日本人がいたのでロバ代聞いたら、
頂上から「犠牲祭壇」までで50JD(7,000円)とのこと、
行く先や距離によって値段がまちまちで交渉性のようです。
(自分は歩いて行けたから高いなと思った)。




エドディルの近くには喫茶店がある。

野良犬もいたんだが、あまりの暑さに椅子の下で餌ねだってくる。



迎えのバスが17時に来るが、以外と時間に余裕があったので
ゆっくり写真撮りながら帰る。




「柱廟通り」の横にある「大寺院」




行きに通り越してしまった「ローマ円形闘技場」

帰りの途中にこれから「エド・ディル」へ向かう人も結構いた。
また多くのツアー観光客も見かける。




「エル・ハズネ」まで戻ってきました。
もう日が暮れて日陰になってた。

朝とは違い太陽の光が差し込んで無いので綺麗に撮影できた。
バスの時間に余裕があったのでここで1時間ほど休憩。そしてホテルへ戻る。

ぺトラ遺跡の観光はこれで終了。


今日帰り道ペトラ遺跡を観光する日本人をたくさん見かけたし、
今日ホテル戻ったら宿に日本人が新たに5人来ましたので、
ヨルダンは遠い国だが日本人に認知されたところなんだなと思った。
ヨルダン・エジプト・イスラエルの3カ国観光は珍しくないようです。



明日ペトラを離れヨルダン南端のアカバを経由して
エジプトに入ります。



ヨルダン滞在期間 6月28日〜7月4日(7日間)
費用(1JD≒140円) 228.4(32,000円)
その他感想 1日5回お祈りがあり、早朝4時にスピーカーで音(歌?)流すのは勘弁してほしかった。