■ナイロビ

ケニア・マサイマラのサファリツアー

野生の動物達を見に、ケニアのマサイマラ自然保護区に行きました。

日程:2泊3日。
料金:260ドルか22,620ks(30,700円)。
ツアー会社:NEO-KL TOURS & SAFARIS。
人数:15人。

マサイマラ・サファリツアーの相場は
約300〜350ドルなので格安で行けました。

15人なので車2台で向かう。

しかし、やはりここはアフリカ、
初日から予定が狂う。


マサイマラまで車で8時間ぐらいなのだが
自分の乗る車が調子悪く(オーバーヒート)、
何度か水で冷却しながら目的地に向かうも
結局泊まるホテル手前で完全に動かなくなる。

もう一台の車が迎えに来て
その車に乗ってホテルまで行った。

その為、
初日夕方に予定してた
ゲームドライブ(サファリ)はできず
翌日に延期となった。




翌日朝、 新しい車がくるのだが
ドライバーが別の人に変わっていた。

理由を聞いたら、
新しい車を持ってくる途中にシマウマと衝突し車が壊れ、
ドライバーは骨折し、病院に行った

とのこと。

なので持ってきたこの車も3台目だそう・・・

シマウマに衝突って・・・
色々やらかしてくれます。



気を取り直してサバンナへ向かう。

他のツアー会社の車も多数おり、
お互いが無線機で何処に動物がいるのか
リアルタイムで連絡を取り合ってる。

そして10分もしないうちに早速登場。
シマウマです!初めて見た。



後ろ足の太ももがたくましい(そして美味しそう)。

シマウマで興奮してたら
お次はガゼルが駆け回っている。



そうかと思ったら
今度はバッファローが反対側で食事をしている。




そして見たかったライオンも

「出番早いんじゃないの?」
ってツッコミしたくなるくらい
簡単に目の前に現れた。

しかも10頭程の大家族。







車の前を横切っていった時は鳥肌が立った。






ライオンのオスも発見した。

お昼寝中だった模様

狩りをするのはメスライオンなようで
オスは普段何をやってるんだろう?

カッコイイんだがナマケモノです。

そして、途中
ライオンがヌーの群れの前を歩き
ヌーが警戒して逃げているところも見れた。

ライオンは1頭だけ。
様子見するだけでハンティングする気配なし。

残念・・・



昼食はサバンナのど真ん中で頂き、
今度はカバを見に川へ向かう。

残念だったのは
カバは川の中にいるので
遠くから写真撮ってもなんの動物かよくわからない。


そしてこの後、カバが陸に上がってきたのだが、
ここでまさかのデジカメのバッテリー切れ
(´Д⊂

前半撮りすぎたのがまずかった。
まさか午前中で切れるとは予想しなかった。

このあとは携帯で写真を撮るんだが
ズームできないので諦めた。



ちなみにこのあとワニが現れました・・・

あ〜皆は一眼レフで写真撮ってる、
バッテリーの持ちが半端ない。

一眼レフってスゴいね、
ズームにしても綺麗に撮れるし、
レンズも広角レンズに変えたりできるし。

また、カメラを取り出してから撮るまでが
メチャクチャ速い。

デジカメのオートフォーカスの限界を感じました。



この他にもキリン、ダチョウ、イノブタ、サイ、チーターと
ほぼ知りうる動物達が見れました。
(唯一見れなかったのはヒョウ、BIG5コンプリートできず)





サファリツアーとは動物を探すものだと思ってたが、
こんなに普通に生息しているとは思わなかった。

動物達の王国に人間が足を踏み込んでいるのだと感じた。



3日目最終日、
朝早く出発して
ライオンのハンティングするところを見に行ったが
残念ながら
ヒョウがハンティング後の食事をしているところしかみれなかった。



宿泊所に戻り、帰り支度のあと、
マサイ村へ行きマサイ族に会ってきた。

ただ、あまり民族に興味なかったし、
お土産を売りつけてくるだけなので
あまり楽しくは無かった。



サファリツアーを終えナイロビへ帰りました。

このサファリツアーの後は皆バラバラになる。

ナイロビに戻った翌日の昼食は
ワニやダチョウの肉が食べられる高級レストラン
「Carnivore」でお別れ会をした。



ワニ、牛、ダチョウ、ニワトリなどなど食べ放題

久しぶりに肉を腹いっぱい食べた。

キリンの肉も食べられるらしいが
今日は無かった。

でも、

色んな動物の肉を食べたが
結局、一番美味しかったの牛でした。

やっぱ牛、最強の食べ物です。
ワニはあまりうまくなかったな。

15人いたメンバーのうち
4人は昼食会をしたその日の夜にウガンダへ。

1日ゆっくりしてからウガンダへ向かうゆっくり組が5人。

ナイロビから飛行機でタンザニアのザンジバルに飛ぶ人が1人、
陸路でタンザニア方面に抜けるのが自分を入れて3人
(正式に向かうのは4人、
一緒にキリマンジャロに登る仲間が新たに加わった)、
残り2人は予定未定。

一ヶ月半の団体行動は楽しかった

皆で考えながら旅行する
団体行動はいい経験をさせてもらった。

ただ、旅の目的は皆別々なので
いつか別れはくる、
今回ほど別れが悲しいと思ったことは無かった。

これからタンザニアには4人で入ります。

12月23日にケープタウンから
アルゼンチンのブエノスアイレス行きの飛行機は
もう取ってあるので
アフリカも残りわずか。



アフリカは日本から
なかなか行けない大陸なので
悔いがないよう楽しみます。



ケニア滞在期間 11月21日〜28日
費用(1KSI=1.1円) 35,500KSI(39,000円)+50USD
その他・感想 生の野生動物はすごかった。それにつきる