■トゥルム

メキシコ・トゥルムへ
セノーテでケーブダイビング

6日間いたガラパゴスを後にして
次に向かうはメキシコ・トゥルム。

なぜガラパゴスから一気にメキシコへ行くのかというと
自分が日本にいるときにお世話になった
「名古屋ダイビングショップ・エビス」のメンバーが
毎年3月にメキシコにダイビングに来ていて
そこに合流する為です。



ガラパゴスからコスメルまでは2回乗り継ぐ、
フライトスケジュールはこんな感じ

セイモア空港9:30フライト
→ グアヤキル空港12:30着。

グアヤキル空港18:15フライト
→ コロンビア・ボゴタのエルドラド国際空港20:05着。

エルドラド空港9:20フライト
→ メキシコ・カンクン国際空港11:45着。


エルドラド空港で空港泊、飛行機代€516.7(87,840円)



カンクン空港には時間通りに到着。

空港からトゥルムまで130キロあり、
相乗りタクシーで向かった。

タクシー代40US$(4,000円)。
※USドルでもメキシコペソでもどちらでも使えた。

ただ、後で知ったというか調査不足だったのだが、
一度カンクン市街地に出て、そこからローカルバスで行けば
時間はかかるが5US$程度で行けました。

しまった・・・。



日本からくるエビスメンバーは二日前に現地入りしていて、
もうダイビングしている。

今回来ているメンバーは5人で
皆ダイビング本数が300本を超えている
マスターダイバークラス。

エビスには多くのマスターダイバーがいるんですが
今回来ている人たちはテクニカルダイビングが好きな人たちで少し異質。

150本程度のファンダイブしかしない自分とは
比べものにならない豪傑たちです。



トゥルムでの拠点となる所。

「VILLAS GEMINIS CONDO HOTEL」。

アパートメントタイプのホテル。



アパートメントの1階はこんな感じ。

キッチン、冷蔵庫、食器と全てがそろっていて、
無いのは電子レンジぐらい。

2階に寝室がある。

3人で1人70US$(7,000円)。



因みにメキシコの通貨は「メキシコペソ」なんですが
通貨の表記が$なので、
アメリカドルとすごく間違えやすい。



エビスのメンバーがまだダイビングから戻ってきてないので
一人で「トゥルム遺跡」へ観光。

入場料$50(400円)。



16:00なのにめちゃくちゃ熱い。




よくガイドブックの写真とかに出てくるポイント。




マヤ文明の遺跡。

マヤ文明の知識ゼロだから全くもってよくわからない。



カリブの海。

すげー青い。

水着持ってくればよかった。

18:00にホテルに戻ってたら、
メンバーがダイビングから戻ってきたので
一緒に夕食に行きました。



メキシコで一番飲まれてるビール「SOL」
20メキシコペソ(160円)。




2杯目おかわり。

こちらもメキシコビール
「DOS EQUIS XX(ドス・エキス・アンバー)」、 $20(160円)。

メキシコビールはコロナだけかと思っていたが、
ビールの種類が豊富なんですね。



メキシコ料理と言えば?

そう、タコスです!

牛肉タコスを頼みました。
うますぎる。

うまいメキシコ料理を堪能してホテルに戻りました。

翌日、いよいよダイビングです。



お世話になるダイビングショップ
「Dive Center XIBALBA」。

ホテルも併設している。



このショップのオーナーさんはドイツ人。

テクニカルダイビングに特化したショップで
世界から上級者ダイバー達が集まってくる。

短期旅行者がダイビングをする場合は
カンクンの旅行代理店に依頼して
ツアーでここまで来るのが一般的だけど、
上級者テックダイバーはこのショップを使うそうです。

リブリーザーを持参しているダイバーさんもいた、
リブリーザーの値段聞いたら100万円だってさ。



置いてある機材も
他のショップではなかなか見かけないものばかり。

ダブルタンクが当たり前のように置いてある。



最初に向かったポイントは「Dos Ojos」というポイント。

ホテルから車で15分ぐらい、非常に近い。



「セノーテ」とは陥没した穴に地下水がたまってできた
天然の泉のこと。

セノーテの水は海水ではなく、淡水になるので
塩分がない分、海水に比べて沈みやすい。

なので重りをいつもより減らす必要がある。
ま〜知ってれば大したことはないんだけどね。

まず、ここで2本潜りました。

写真撮らなかったのでブログアップできず。
今日はダイビング2本潜って終了です。

翌日はセノーテの中でも一番有名な
「Gran Cenote(グランセノーテ)」へ行きます。



ここが「グランセノーテ」

よく日本のテレビで取り上げられる場所。

シュノーケルもできるのでツアー客とかが多い。

ここは人がたくさん来るので午前中に行くのがおすすめです。



ダイビングの場合も午前中の方がいい。

「Cave Diving(洞窟ダイビング)」は洞窟内を潜るダイビングなので
何かアクシデントがあっても緊急浮上ができない。

その為、中・上級者以上のダイバーしかできないのだが、
海外は緩いので、下手くそなダイバーでも潜らせてくれる。

その為、下手くそなダイバーが着底して砂を撒いてしまい、
その後に潜ると透明度が悪く、面白くない。

簡単に言うと一番風呂がお勧めということです。



それでは行ってきます。




透明度ハンパない。

光のカーテンが綺麗で
洞窟の中から外をみるとすごく綺麗だった。



ダイビングの動画1

水深が5M〜7Mなので防水コンデジ持って入りました。

セノーテは今までダイビングしたところとはまた異質で非常に楽しい。

魚はいないが、地形系が好きなダイバーにはたまらないと思う。



動画2

こちらはエビスメンバーが潜っている動画です。

タンク2本をサイドマウントで潜ってます。

サイドマウントの利点は
バックマウントでは入って行けない所でも行けてしまうこと。

体一つ分しかないような狭いところでも
タンクを外して入っていく、
といったこともできる。

彼らが潜っているポイントは一般ダイバーは侵入不可の所。

なぜなら・・・



水中にはこんな看板があり、彼らはその先へ入っていく。

一般ダイバーは危険すぎて入れない。

実際、過去に探検ダイバーが迷子になって
死んでしまった人もいるそうです。



洞窟ダイビングから戻ってきたところ。

エキジットしようとしたら
ツアーの団体客だろうか、シュノーケルをする人でごった返してた。

グランセノーテでのダイビングは終わり
次のポイントへ。



次は「Cala Vera(カラベラ)」というポイントへ。

グランセノーテから車で10分ぐらい。



直径10mほどの大きな穴が特徴。

ハシゴがあるだけ。



水面まで5メートルはある。

どうやってエントリーするのかなと思ったら
普通に上からジャイアント・エントリーで入るだって・・・

こんな高いところから飛び込んだのは初めてで
滅茶苦茶こわかった!



グランセノーテとはまた違って、緑色のコケが生えてる。




この緑色のコケのおかげで、太陽光が緑色に。

すげー綺麗。



奇跡的に綺麗に取れた写真。

水中での写真撮影はすごく難しい。



カラベラのダイビング動画。

グランセノーテとはまた違ったセノーテ。

グランセノーテだけで終わってしまう人が大半なんだけど
ダイビングやっている人はぜひ、カラベラも潜ってほしい。



今回のダイビングは洞窟の奥の方まで入っていったんですが、
貸してもらったライトが弱すぎて洞窟内は全く見通せず。

その為、動画はとっても真っ暗でした。

ケーブダイビングする人はライトも慎重に選んだ方がいいです。



翌日、自分はコスメルへ行くので
今日でメンバーとはお別れ。

ご飯はメキシカン料理をみんなでシェアして食べました。

セノーテのようなポイントは日本の海には無いので
今回貴重な体験をさせてもらいました。

「海外でよかったダイビングポイントはどこですか?」
って聞かれたら、間違いなくセノーテって言うと思う。



そういえば僕の旅もこのトゥルムでちょうど一年立ちました。

旅に出たての時は数か月で日本に逃げ帰ってしまうと思ったけど
何とか続いてます。

僕の旅もあとわずか。



ただ、次行くコスメルでもダイビング、
ここ最近、ダイビングばっかの
ダイビング三昧。


でも、
楽しすぎます!!