■アムステルダム1

マリファナと運河の街アムステルダム

ブレーメンの次に向かったのはオランダ・アムステルダム。

日本にもハウステンボスなど
オランダ村があるから馴染みのある都市。

アムステル川をダムでせき止めたことから
アムステルダムと言う名前になったそうです。

アムステルダムはヴェネチアのように
運河に囲まれた町並みをしている。

またビール会社ハイネケンがあり、
マリファナが合法な都市でもある。

その明と暗が入りじまった街に行った。



ブレーメン駅23:44発、
アムステルダムには8:59着。

アムステルダムまで直通は無く、
4回も乗り換えとなった。

理由は費用を抑えたいから。

電車チケット買う時に、
時間帯と乗る電車の種類によって価格が変わり、
1番早くて快適な電車は91€もした。

23:44発の場合は64.4€(8,700円)。

最安値は49€、
ただそれはブレーメン4:00発だったので
さすがにこれはやめた。

しかし23:44発の列車も今思えばやめておけばよかった。

理由は乗り換えが4回もあるので
寝ることができないのと
途中乗り換え駅で4時間も待たなければいけなかったこと。

途中の乗換駅で半野宿となってしまった。

ブレーメン駅23:44発→ミュンスター駅01:11着
ミュンスター駅5:08発→エンスヘーデ駅6:20着
エンスヘーデ駅6:45発→デューフェンデル駅7:29着
デューフェンデル駅7:48発→アムステルダム中央駅8:59着



「ここをキャンプ地とする!」

テレビバラエティー「水曜どうでしょう」で放送された企画で、
ドイツ・メルヘン街道途上にて、
大泉洋の要求によって、ホテルの確保より食事を優先させた為
ホテルが見つからず、道端で野宿した事件。

まさか自分もミュンスターで同じ目にあうとは。

当初笑ってみてたが、実際やってみて全然笑えません。



アムステルダム駅に到着。

乗ってきた列車めっちゃごっつい。



駅の目の前は運河で、
その奥に「聖ニコラス教会」がある。

予約したホテルまで5キロほどあるが
ブラブラしながら歩いて向かった。



運河のせいか自転車に乗る人をよく見かける。

自動車より便利なようです。



10:00にホテル到着。

「Amigo hostel」
1泊ドミトリー15€(2,000円)。

ホテルは迷路のようで部屋まで行くのが大変、
またキッチンなどは無い。

チェックインが14:00からなので
バックを置き、早速観光へ繰り出す。



真っ先に向かったのは「ハイネケン・エクスペリエンス」

入場料18€。

ビール好きはまずここに行かねば。



ハイネケンはオランダのビールメーカー。

日本語のガイドブックは無し。

でもなぜか中国のガイドブックはあった。



ハイネケンのラベル。

Heinekenの文字の中で
「e」だけが斜め上を向いている、
これはスマイルの意味だそうです。



ここはビール工場では無く博物館なので本物ではない。




途中に本物の馬が10頭ほどいる。

展示用ではなさそう。外のツアー用?

この後ビールの作り方をアトラクション形式で説明された。

個室に15人ぐらい入れられて、
部屋が暗くなったと思ったら、
説明に合わせて足元が激しく動き出す。

もう遊園地です。



そのあとはお待ちかねの試飲タイム。

ここでは1杯のみ。

最後に2杯飲める。



生ビールはほんと美味しい。

いやー最高です。



試飲後も展示物やゲームなどができる部屋へ。




10年ほど前に日本で流行った音ゲーをやる外国人。




これに乗ってスイッチを押すと合成写真が撮影ができる。

6€ぐらいだったかな。



これもゲーム。

ビールを上手く注ぐことが出来れば高得点。

この後、飲酒ルームへ行き
350mlのビールを2杯いただき終了。

ヨーロッパに入ってから
似たような教会ばかり観光してたから
久しぶりに楽しかった。



しかしこの後大変なことに。

まさかの携帯電話紛失。




ポケットから消えていたんですよ。

なぜでしょうかぁ?

博物館入るまでは手に持っていた。
出た後、無くなってた。

たぶんすられた。
いや・・・落としたか
・・・分からん。



昨夜、ブレーメンを出発し
集中力が切れた状態で
ビール博物館なんかに行くからこうなる。

弱り目に祟り目、
泣きっ面に蜂と言うやつ。;つД`)



もう観光どころじゃなく
博物館に戻り、探させてもらったが無かった。

諦めました。

警察署に行かなきゃいけないので
ツーリストセンターのある駅まで
観光しながら向かった。



オランダと言えば?

・・・はいそうです、
マリファナです。

普通に売ってます。



キノコだったり、草だったり、お菓子だったり
色々種類がある。




マリオも目がいっちゃってます。

WiidTMって何?



それらをあつかった喫茶店もある。




ショップ内の人形がちょっとやばい。

右奥にはレッドブルーに似た
缶のエナジードリンクが売ってた。



マリファナクッキーもある。

この後ツーリストセンターで警察署を聞き、
その場所へ行ったが見つからなかった。

時間は15:00を過ぎており、
段々めんどくさくなってきたのと、
凄く眠かったのでホテルに戻った。

今日はハイネケン博物館とマリファナで終わってしまった。



警察署を次の日に行くことに。