■クスコ2

クスコ観光

マチュピチュからクスコへ戻ってきました。

クスコの居心地がいいので
ここで今日含めて二日いて
明後日ナスカへ出発します。



ナスカ行きのバスチケットを買いに
市街地からバスターミナルまで歩いていくことに。

結構距離があって1時間ほどかかったかもしれない。



バスターミナルの中。

人人人。

バス会社もたくさんある。

ただ、ナスカ行きのバスは3社程度しかなかった。

「地球の歩き方」には
クスコ‐ナスカ間は、長時間なのに山道を通るので
お勧めしないと記載してあった。

なので、少しグレードの高いバスに乗りに行くことに。

バス代140S(5,100円)。

バスチケットは購入できたので市街地へもどる。



市街地まではローカルバスで戻ることに。

ただ、どのバスか全くわからん。

バスターミナルの前にバスの標識があったのでそこで待つことに。

バスが止まったらバスの運転手に
「セントロ?アルマス?」と言う。

何度か首を横に振られたが
何度も聞いてたら「乗れ!乗れ!」と言われたので
これに乗って帰りました。

バス代は片道1S(35円)。



市街地に戻りおなかが空いたのでご飯を食べに行きました。

お昼は日本食レストラン「KINTARO(きんたろう)」へ。

場所はアルマス広場から「Plateros通り」に入って
右手の入り口に入るとある。



「かき揚げ丼」食べました。

15S(550円)。 他のレストランでは普通に30Sとかいってしまうので
15Sはリーズナブルだと思う。

そして、普通に日本食です。

ラパスでも本物の日本食を食べたが
ここも同じくらいクオリティーが高い。

味噌汁も本当に味噌汁だったぁ。



クスコの町を練り歩く。

クスコには、今でもたくさんインカの建築技術が残っていて、
隙間なく石が積み上げられている。

アルマス広場にあるカテドラルの横から入っていく通りには
12角もある石がある。



クスコ全体の街並みを見る為、
アルマス広場から北西にある「サクサイワマン」へ行く。




入り口は何か所かある。

アルマス広場から歩いて30分ほどで到着。



入り口から遺跡までまだ上る。

そろそろ疲れてきた。



途中でアルパカ?を発見。

アルパカかな?リャマかな?

ひもにつながれているから野生ではない模様。

たぶんアルパカだと思うけど、ブサイクすぎてわからん。



ミラバゲッソのクラレちゃんのイメージがあるせいか
非常にかわいくない。

南米に入って、
クラレちゃんぐらいのかわいいアルパカをみたことがない。

ま〜人間でもモデルさん級の人はそういないけどね。



入り口から10分ほど上って
「サクサイワマン」の城塞後に到着。

入場料70S(2,600円)。



サクサイワマンは日本でいうお城で、
インカ帝国はここを拠点にして
スペイン人と戦ったんですね。




だだっ広い跡地。




野生のリャマが我物顔で通り過ぎてく。




非常にブサイクなリャマたち。




城塞のてっぺんまで来ました。

ここからクスコの街並みが見れる。



写真真ん中下あたりにあるのがアルマス広場。




城塞から北に10分ほどのぼったところに
巨大なイエスキリストの像が。




イエス様 町を見下ろしてます。




キリスト像からの眺め。

もちろんアルマス広場からもこの像が小さく見える。



アルマス広場に戻り目の前にあるカテドラルへ入る。

入場料12S(440円)。

中は撮影が一切禁止。

建物の中は豪華ではあるが
「何も感じない病」にかかっている自分には

ふ〜ん(´_ゝ`)

って感じで終わってしまった。

ま〜行く価値はあるとは思います。

今日の観光はこれで終了。

翌日もクスコですが
町には出ず、今後行く都市の情報取りに当てました。



最後に、 翌日のお昼ご飯、
また「きんたろう」に行っちゃいました。

今回は「かつ丼」
17S(620円)とアボカドサラダ6S(220円)。

かつ丼は、旅中作ることができないからありがたい。
サラダもうまい。



翌日ナスカの地上絵で有名な
ナスカへ向かいます。