■キリマンジャロ1

キリマンジェロ〈1日目〉〈2日目〉〈3日目〉

ツアー会社と話をした翌日
早速キリマンジェロを登りました。

モシからマチャメゲートまで車で45分ほど。

入口で入山料690ドルとクルー代5ドル
(3人の合計は16ドル)、
合計695ドルをクレジットカードで支払う。

登り始めたのは昼食を食べた後14:00から、
着替えなどの荷物はポーターが持って行くので
自分が持つ水などが入ったバックは約3s、
本当ハイキングのような感じ。

ポーターやシェフは
食べ物やテントなどの荷物を持って先に登って行っていく。



ビックリしたのがリュックサックを担ぐだけでなく
頭の上に別の荷物も載せて登ってる、
凄すぎる!!


〈1日目〉

初日の登山道は森の中を進んでいく。

ガイドが「ポレ、ポレ(ゆっくり、ゆっくり)」
と言うのでゆっくり登る。

最初は天気が良かったが
だんだん雲行きが怪しくなってきた。

雲の動きが速い。



ついに、雨が降ってきたのでレインコートを着用。

森の中だから外の景色はまるで見えない。

ひたすら黙々と登る。

3時間ぐらい(17:00頃)で
今日の宿泊地「MACHAME HAT」に到着。(標高3,000m)

ゆっくり登ったので
まだ高山病にはかからず。

夕食はパクチー入りのスープに
ビーフシチューとパン、
コーヒー、紅茶、ミロなどの飲み物もでた。



このマチャメルートは他のマラングルートと違って
ロッジなどではなく全てテント泊。

もちろんシャワーなどは無く、
ボール1杯のお湯を渡されて顔や手を洗う、
体などは一切洗えず、これが6日間も続く

結構過酷です。




〈2日目〉

am6:30 起床
am7:00 朝食
am7:30 出発

標高も少しづつ高くなり、
とうとう雲と同じ高さまで登ってきた。

1日目は森の中を行軍していた感じだが、
2日目は標高が高くなったせいか
植物の種類も変わる。

そして、
14:00頃 2日目のチェックポイント
「SHIRA HUT」に到着。(標高3,800m)

まだ登るのかと思ったら
今日はここで宿泊とのこと。
2日目はめっちゃ楽勝。
とても5,895mの山を登りに来た感じがしない。

ただ、夕飯を食べて21:00に寝袋に入って寝ようとしたが
なかなか寝付けず、ちょっとメマイがしてきた。

軽い高山病にかかった模様。

高山病の薬を半錠飲んで寝た。



〈3日目〉

am6:30 起床
am7:00 朝食
am7:30 出発

今日は少し大変。

登山者の約半数は一直線に山頂を目指す
「マラングルート」を使うのだが、
このマチャメルートはグルッと山を回りながら登る感じで、
日程もマラングより1日分行程が長い。

その代わり

・色々な風景が楽しめる
・高山病にかかりにくい
・登頂成功率がマラングルートよりも高い

この3日目のルートは、一旦4,300mまで登り、
その後一旦下り、山の反対側を目指す。



もうここまで来ると高い木など無く、
見たこと無い植物達がお出迎え。

急な岩を登ったり、雨も降ったり止んだり。

本格的な登山になってきた。

高所にいるのでちょっと駆け足になると息切れが激しく辛い、
心臓の鼓動が激しくならないように注意しながら登る。

休憩ポイント「BARANKO HUT」(3,950m)近くになると
今まで見たことが無い木
「GIANT SENSIO」が生えていて興味深かった。


3日目はこんな感じで終了。





4日目へと続く。