バンコク3

水かけ祭り「ソクラーン」翌日。


水かけ祭りで足の指を痛めてしまい、
今日は遠出せず安静にしていた。


昨日から泊まっているホテル「Bella House」

1泊シングル50THB(750円)
Fan付き、WiFiは有料、キッチンなし。
1階がレストランになっていて
連泊する場合でもその都度お金を払う仕組み。




足の指が痛く、
ほぼ丸1日ホテルにこもることになってしまった。



服・ズボン・帽子がだいぶ汚れたので洗濯屋へ。

1kgで25THB(75円)、翌日午後渡し。

今日はこのランドリーに行った後、ごはん食べて終了。
足は少し良くなった。




翌日17日、少し動けるのでお寺観光しました。



まず最初に行ったのは「Wat Phra kaeo」と「王宮」

料金500THB(1,500円)。
ここは入場制限が非常に厳しく半ズボン・タンクトップでは絶対に入れません。


朝8:30に行ったのにツアー客でいっぱい。

特に中国人多し!


外国人のが8割ほどが中国人。

カオサンにはほとんどいなかったのに…




この寺院は国の重要儀式を行う第一級寺院。





門の出入り口には、2体の鬼が必ずいる。




寺院をささえている。寺院のいたるところにいる。



歩き疲れたので少し休憩。

中国人ツアー客を観察して気が付いたことがある。
中国人の皆さん写真を撮るのに必死です(笑)

そして建物・風景を撮るではなく、自撮りする傾向が強い。



ツアーガイドが立ち止るたびに一斉に撮影。
「動く・止まる・パシャ!」
の繰り返し。(笑)

仏像は見ている時間よりも、写真撮っている時間のほうが長いのでは?
(何しに来ているんだ君たちは?)。


建築物の意味よりも「自分達が来た」
という証拠を残すことが重要なのでしょう。

ちなみに日本人のツアー客もいましたが、
ガイドの話を聞いて「へぇ〜」と言っている。

静かです...

(中国人に負けずガンガン行こうよ)


ワットプラケオの次は、
すぐ南にある「Wat Pho(ワット・ポー)」へ。




入場料100THB(300円)。
ここ寺院の特徴は礼拝堂に巨大な仏像がいること。
本当にこいつはでかい!



この仏像さんは全長49m、高さ12m。
偏平足ですね。
足の裏にはバラモン教の絵がえがかれている。



裏側から写真を撮る。枕もデカ!



大きな仏像を見た後、寺を回る。
仏像もでかかったがお寺も広い。




こんなのが沢山ありました。
ゴールドの仏像も見慣れてきた。





ワット・ポーの次は対岸にある「Wat Arun(ワット・アルン)」へ。



ワットアルンへは、チャオプラヤ川をわたって行きます。
渡し船の料金は片道3THB(15円)。






あの塔が「Wat Arun(ワット・アルン)」

以前はこの寺が第一級寺院だったが、
ワットプラケオにその座を明け渡すことになった。

プラケオにあったエメラルド仏も昔はここにあったそうです。

高さは80mぐらい。

もちろん登ります!





ワットアルンを下から見上げる。

ここにも半人半獣?が塔を支えいる。






お寺の塔に登りチャオプラヤ川を撮影、
川の向こうに見えるのがワットプラケオ。



階段はすごく急で降りるのがすごく怖かった。




お寺観光はこれで終了。

カンボジア行きバスの予約をするする為カオサン通りへ戻りました。

ただツアー会社のオーナーが夕方から出社だったので、
それまでカオサン通りで時間つぶし。





カオサン通りで「国際学生証」を作りました。


値段は200THB。

他にもティーチャーカードや運転免許所も作れるようです。






そして、できたのがこれ。

名前・大学名・生年月日と伝え、写真を渡すと10分で出来上がる。

でもよく見たら有効期限が2013年9月から2014年12月までになってる。

今がまだ4月で、入学が今年9月ってことは
これまだ使えないんじゃなかろうか・・・。

そして写真が浮いていてクオリティがすごく低い。




学生証を作った後、散髪へ。


カット・シャンプーで200THB(600円)

カットのリクエストは

「Very shot please」

しか言えず。

もみあげも英語でなんて言うのか分からず指さして

「Cut up this!」

・・通じました、何とかなるものです。




夕方、旅行代理店の「サワディーアンコールツアー」に行く。


ここはスタッフが日本人なので安心です。
多くの日本人観光客が来てました。

中国ビザ取得の相談をしてたが申請厳しく今は取れないとのこと。

カンボジア行の車の手配完了。
翌日はいよいよタイを離れカンボジアへ向かいます。

タイの滞在期間は15日でした。


今回のタイ観光ですが、行く予定のなかったスコータイが観光地で一番楽しかった、
また水かけ祭りのソクラーンにも参加できてラッキーでした。


タイ滞在期間 4月5日〜4月19日(15日間)
費用(1THB≒2.99円) 20,887THB(62,400円)
感想 親日の人が多いが、値段はふっかけてくるので物を買うときは交渉が必要。
電車よりバス移動が便利。