■ビクトリアフォールズ

ザンビアとジンバブエにある
ビクリトリアフォールズへ

早速8:00頃ホテルをでて
「ビクトリアフォールズ」へ。

ビクトリアフォールズは
ザンビアとジンバブエの国境の所にある。

約10q先の国境までは、
ホテル近くのタクシー乗り場から乗り合いタクシーで向かう。



地元の人も国境まで普通にタクシーを利用するので、
すぐに四人集まって行くことができた。

タクシー代10K(200円)

まずはザンビア側の滝へ!



ザンビア側入口

入場料:100K(2,000円)
※ドルでもユーロでもチケット買えます。

チケットを見せて中に入ると
すぐビクトリアフォールズを発見した探検家
リビングストンの銅像が立っている。

町の名前も彼からきいてる。



中に入って行くとすぐに滝が見れました。

ただ残念な事に、12月上旬は乾季で水量が少かった。

テレビで見たあの大迫力な瀑布は見れなかった。



お次はジンバブエ側の滝へ!

歩いて行ける距離なので、徒歩で国境超え。

ザンビア側の出国審査を終えて10分ぐらい歩くと橋が見えてくる。

ここがザンビア-ジンバブエの境界線になる、
そしてここでバンジージャンプができる。



最初やろうと思ってたが、見た瞬間ビビってしまい
10分ぐらい眺めていたが結局出来なかった。

怖すぎる。

橋を超えてジンバブエへ、
ビザ代30US$払いあっさり入国。



ジンバブエ国境

更に町方面に歩いて約5分で
ジンバブエ側のビクトリアフォールズ入口がある。
入場料:30US$(3,000円)

ジンバブエ側の滝は比較的滝の迫力があったが、
写真を撮るビュースポットがザンビア側に比べてイマイチだなと感じた
(他のブログの感想見るとジンバブエ側の方が良いというコメントもある)



滝を見たあと
ジンバブエの町を観光してザンビアへ戻りました。

戻る時に地元人が
「ジンバブエドルを10US$で買わないか?」
と言ってくる。

ジンバブエドルはスーパーインフレを起こして通貨価値がなくなり
アメリカドルに変わったので、現在使われていない。

その本物のお札は現在お土産になっていた。

流石アフリカの国、
転んでもただじゃ起きない。

いいお土産になると思い、4枚を5ドルに値切って買った。



因みに買った後に
ザンビア国境で別の地元人が
「買わないか?」と言ってきて無視したら、
最後に「2ドルでどうだ?」と言ってくる。

しまった!!

どうやら2ドルまで値切れたようだった。



再度ザンビア側へ入国。

失敗したのが、タンザニアからザンビアに入る時に
マルチビザではなくシングルビザで入国してしまったこと。

当時は過去の他人のブログ見た時、
ジンバブエ側に入国しても
その日に帰ってくればビザ代は免除されていたが
現在は廃止されていて
再度ビザ代を払わなければならなくなっていた。

マルチビザは80ドル、20ドル損してしまった。

渋々50ドル払ってビザ取得。
なので僕のパスポートには
ザンビアのビザが無駄に2枚貼ってある・・・
マジいらない。

アフリカで一番苦労するのは
ネットの情報があてにならないこと。

半年前の個人のブログ情報でも
そこから変わっていることが多い。

参考にはなるが
それ以上の正確な情報がなかなか取れない。

本当に苦労する。

ホテルに16:00に戻り、観光はこれで終了。



数日滞在して次の国ナミビアに向かいます。



ザンビア滞在期間 12月8日〜12日
費用(1K=20円) 1,041K(20,800円)+ビザ代合計130USD+その他35USD
その他感想 アフリカはビザ情報がなかなか取れないのがネックと思った。